『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< キハ48リゾートみのり「さよなら運転」実施へ : main : 秋田港駅の24系ウォッチング >>
JR東日本で最後に残ったキハ40形(秋田車両センター所属)

キハ40

先日鉄道ピクトリアルの特集(キハ40形)を読んでいたらJR東日本管内では(リゾート列車を除く)キハ40形が定期列車として運転されているのはもはや秋田車両センター所属車だけになったんですね。いつも見ているので何とも思っていませんでしたが・・・。

写真は男鹿線のキハ40の2両編成。男鹿行、脇本駅にて。男鹿線もACCUMことEV-E801系(蓄電池電車)が今後増えるようなので今のうちに乗っておきたいところ。

 

 

キハ40

他にも五能線、津軽線の一部でもキハ40形が運転されていますが、こちらは新潟地区に登場した電気式気動車GV-E400系に代わります。なので五能線のキハ40形も早いうちに乗っておきたいところですね。

コロナの影響で旅行ができる状況ではありませんが、落ち着くころには引退してしまうのでしょうか。検査明けの綺麗な車両もあるのでどこかで活躍されることを期待したいですね。

 

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

コメント
コメントする