『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< キハ40形後継車両が並んだ今朝の秋田車両センター : main : あきたクルーズ号(クルーズ船専用列車)が秋田総合車両センターへ?理由は? >>
ようやくクルージングトレインの出番がありました

クルージングトレイン

キハ48形クルージングトレインという2両編成の車両が秋田にはあります。元々は初代リゾートしらかみ(青池編成)の両先頭車を再利用するということで、名前を変えて(色合いはほとんど変わらないまま)団体列車や臨時列車に使用されているんですが、今年は新型コロナウィルス感染症の影響をもろに受けてこれまでほとんど出番がなく秋田車両センターの片隅でずっと置かれていました。

 

 

クルージングトレイン

そして今月になってようやく出番が回ってきました。それは五能線のリゾートしらかみの代走(検査などの間に代わりに運転)する『快速五能線クルージングトレイン』です。たった2両でボックス席もないのですが、元々はリゾートしらかみ車両ですから、窓は大きいし、席の間は広いしで快適なんです。元リゾート列車だけあって(車両は古いものの)全く違和感はありません、ハイブリッド車のHB-E300系とも遜色ないのでは?

 

 

クルージングトレイン

ただこの車両も1987年製と33年選手。キハ40形の中では新しい方なのかもしれませんが、それほど長く使われることはないでしょう(キハ48形のリゾート列車も廃車が出てきましたし)。貴重なこの機会に乗車しておくのも一つかもしれません。

ただコロナ渦ですからね、長距離の移動を伴う旅行は控えないといけないのでなかなか難しい・・・。というかもどかしい。

僕もしばらく乗ってないのでまた乗ってみたいなぁ。

 

【リンク】

JR東日本秋田支社のプレスリリース(快速五能線クルージングトレインの運転日など)

 

 

クルージングトレイン
クルージングトレイン・キハ48形(団体・臨時)

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

コメント
コメントする