『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< Nゲージ長野電鉄3500系のお客さま事例紹介 : main : いよいよラストランの寝台特急あけぼのを見送って@土崎駅 >>
【親子鉄おススメ】由利高原鉄道おばこ号に乗って
年末年始はずっとパソコン仕事でどこにも遊びに行っていなかったもので最後の休日に子どもたち(下の2人だけですが)と久しぶりの親子乗り鉄をしてきました。

今回の目的は由利高原鉄道!

これまで本荘から子吉までは乗ったことがありましたが、全線乗ったのは実は初めて。
秋田県人なのにお恥ずかしい・・・。

由利高原鉄道
今日の車両はゆりてつラッピングのYR2000形です。
平成12年に導入されたこの車両、元のカラーリングから合わせて3回目の塗替え(ラッピング)。
今はマンガ「ゆりてつ 私立百合ヶ咲女子高鉄道部」のラッピング車。

 行程・ワンポイント

由利高原鉄道
土日休日はこの1日フリー乗車券が使えます。
大人1,100円、子ども500円。実はこれ、ポストカードになってました。
いいですね、乗車が終わってから自分宛てにハガキが出せる!


由利高原鉄道
日曜日の日中なので乗客はホントに少なく、うちら3人を合わせても6名。
寂しいですが、これが現実。しかも全員本荘から矢島までの乗車なので途中駅では誰ひとりの乗降もありませんでした。
これがローカル鉄道の現実ですね。

由利高原鉄道
矢島駅に着いての一枚。
いい笑顔です!
このあと駅の周りを観光とでも思ったのですが雪が強くなってきたので駅内の待合スペース(ロビー?)で1時間ほど時間つぶし。こんな時に必需なのがiPadです。
インターネットに繋がる時はYoutubeで時間つぶし、繋がらない時はHDDに入れてあるキッズ映画やゲームアプリで遊んでもらいます。小さな子どもたちは30分でも空くともう「つまらない〜」「帰ろうよ」が始まりますからね。

由利高原鉄道
矢島駅も独占状態でした。
やはり日曜日の午後は誰もいない。特にこの日は名物の「観光案内所」「まつこの部屋」もやっていなかったので何もできませんでした。また来ないとな。


由利高原鉄道
帰りはゆりてつラッピングではなく、イベント用の鳥海山号?
この車両は車内がロングシート+テーブル付なので飲食にはもってこいです。
車両のレポートはまた後日行いますね。

由利高原鉄道
こんな感じに座ってお菓子を食べたりジュースを飲んだり。
ちょっと得した気分!

由利高原鉄道
午後の数時間だけでしたが、久しぶりの親子乗り鉄を十二分に楽しませてもらいました。

羽後本荘駅前は土日に限り路上駐車スペースがあります。
車で出かけても無料で停められますのでその間に乗車してみるのをおススメしますよ。

 遊ぶところ・みどころ紹介

正直子どもたちと一緒に遊べるスポットは沿線にはありません。
(僕が知らないだけ??)少し大きくなったら酒蔵などがあるので見学しにいくのもいいかもしれませんが。

20150118-18.jpg
矢島駅には広いロビー(待合スペース)がありますので、そこで時間をつぶすことはできると思います。

 列車の紹介

20150118-14.jpg
今回乗車できたのはYR2000形の2両、こちらは「ゆりてつ」ラッピングのかわいい車両。

20150118-15.jpg
ちなみに「ゆりてつ」というのはマンガです。車内にそのマンガもおいてありました。

20150118-16.jpg
こちらは帰りに乗車したイベント用の車両?
ロングシートですが、テーブル付なので飲食もゆっくりできますね。

20150118-17.jpg
ついでに言うとトイレもついてますので子どもたちが急にトイレに行きたくなっても平気です。

 かかった金額

この親子鉄旅でかかった費用内訳は次の通りです。

  • 切符代・・・土日フリー切符(大人1,100円/小人500円)なので1,600円
  • 食事・お菓子・飲み物・・・お菓子とジュース500円

 地図・アクセス方法

 関連記事など

 車両ガイドへのリンク

 

 

【親子鉄】第3セクター・私鉄 : comments(2) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
初めまして。
気になる情報がありましたので、ご質問させてください。
羽後本荘駅の土日限定路上駐車スペースってどこなんでしょうか?

この前そんなことはつゆ知らず、有料駐車場スペースに停めてしまいました
| やまやま | 2015/01/05 8:15 PM |
やまやまさん、コメントありがとうございます。
羽後本荘駅の路上駐車ですが、土日のみのようですがカダーレから駅方面の道路が路上駐車可となっております。
標識をご覧ください!せっかくですから次回はそちらをご利用くださいね!
| 本田正博 | 2015/01/06 12:10 PM |
コメントする