『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 【親子鉄のおススメ】大井川鉄道きかんしゃジェームス号 : main : 我が家のNゲージ車両は秋田地区中心 >>
【親子鉄おススメ】新幹線総合車両センターを見学する(宮城県利府町)

仙台の近く利府町にあるJR東日本の新幹線総合車両センター。ここでは東北新幹線をはじめ、北陸新幹線などの車両の検査・修繕を担当しています。
そのセンターの一部が公開されているので興味のある方は是非行ってみてください。

20150813-1.jpg
仙台らしく東北新幹線で活躍していた200系新幹線がまず出迎えてくれます。ちなみにこの2両は車内に入り見学することができますよ。

20150813-2.jpg
200系新幹線の隣には高速試験車のSTAR21の姿も。この試験車があったから今のE5系やE6系があるのでしょう。手前の200系以外は外から見るだけですが、一見の価値有ります。

20150813-3.jpg
新幹線車両の奥には交流電気機関車(EF71、ED77など)と蒸気機関車(D51他)が鎮座。
でもかなり状態は悪く立入禁止になっています。10数年前は利府駅にあり綺麗な状態を保っていたのですが残念です。

 新幹線総合車両センターガイド

20150813-4.jpg
駐車場に車を停めたらまずは記念撮影!
200系、STAR21をバックにパチリ。いい思い出になりますね。

20150813-5.jpg
200系新幹線の車内です。車内はクーラーも効いていて夏場でも涼しい。ただクーラーがあるのはここだけで、運転席にはありません。
当然運転席はかなりの厚さになりますのでご注意を。

20150813-6.jpg
さすがに新幹線運転席、広いですね。計器類もそのままの状態なので運転士さん気分になれるでしょう。

20150813-7.jpg
車両見学が終わったら奥にあるPRセンターへ。この建物の1階がPRセンターになります。

20150813-8.jpg
PRセンターの入口は自動改札機。切符は特に買わなくても入ることができます。

20150813-10.jpg
新幹線のPRセンターだけあって基本的には新幹線車両についていろいろな資料が展示されていますが、子どもたちに大人気なのはやはりプラレール。
JR東日本管内の最新車両が走っています。

20150813-9.jpg
こちらはプラレール遊びコーナー。レールや車両を好きなだけ出してきて好きなように遊ぶことができます。ちなみにプラレールコーナーは新幹線シートの生地でできてるようですよ。

20150813-11.jpg
もう一つ、今は懐かしい車両の乗り物。動きませんが運転士気分は味わえるかも?
小さなお子さん向けでしょうね。

20150813-14.jpg
新幹線のプラレール車両にまじって何故かきかんしゃトーマスシリーズも(笑)

20150813-13.jpg
結構広いスペースがありこの日もたくさんの親子連れが遊んでいました。
ちなみにPRコーナーの奥には車両工場があり、新幹線車両を塗装してる様子などが見られるかもしれませんね。

20150813-12.jpg
お父さんたちにはJR東日本の新幹線の歴史が細かく書かれた資料コーナーも。子どもたちが遊んでいる間にゆっくり見ることができます。鉄道模型ジオラマもあります(故障のため動かないことが多いよう)

 近くの遊ぶところ・みどころ

 かかった金額

費用内訳は次の通りです。

  • 入場料:無料
  • 営業時間:平日9時〜16時(受付は15時半)。ただしPRセンターは水曜日が休みの場合有り
  • 駐車場:10数台分有(入口にある詰所にて見学の旨を伝えると駐車場を案内してもらえます)

 地図・アクセス方法

Googleマップで「新幹線総合車両センター」と検索すると全く違うところに連れていかれます。なので利府駅、もしくは新利府駅を探しだし、線路沿いに辿るか下記の地図を参照してください。ここがPRセンターの入口になります。僕は車で行って散々迷いましたので下記を印刷していかれることをおススメします。

【親子鉄】東北新幹線・東北地区 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
コメントする