『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 鉄道模型ケース「ミニジオラマBOX」がNHKおはよう日本で紹介されました : main : 583系わくわくドリーム号の乗車記(補足など) >>
【親子鉄おススメ】583系わくわくドリーム号乗車記

青森から秋田経由で舞浜へ直行する便利な団体専用列車、それが583系を使用した「わくわくドリーム号」。
いつから運転されているか定かではありませんが、ここ数年は毎年8〜10回程度運転されています。
取扱は「JR東日本のびゅう」のみ。ネットやびゅうの窓口などで予約が可能。

 行程・ワンポイント

何といってもポイントは東京ディズニーリゾートがあるJR京葉線の舞浜駅に直通するということ。
僕らのような地方に住む者にとっては大きな荷物をもって都内を移動するのは大変、また車で行くにも時間がかかります。
そんな時舞浜駅まで行くわくわくドリーム号は最適。

金曜日の夜に出発し、土曜日の朝に舞浜到着、丸1日ゆっくり遊んで土曜日の夜に舞浜を出発、翌日曜日の午前中に戻ってくる行程となります。
20150929-1.jpg
秋田駅を出発する583系わくわくドリーム号と記念撮影。
秋田駅には20時29分について37分に出発。その間十分に記念撮影ができますね。

 

20150929-2.jpg
みるからにわくわくしそうなヘッドマーク。本当なら東京ディズニーリゾート直通なのでディズニーキャラクターなどが描かれればよいのでしょうが、そこはディズニー。肖像権などで無理なのでしょうかね。

20150929-6.jpg
秋田で行先「舞浜」とみられるのは新鮮です。
秋田からは羽越本線経由、上越線経由、大宮から武蔵野線経由、西船橋から京葉線に入り舞浜まで向かいます。団体臨時列車だけあって結構あちこちで停車しますね。これは通常のダイヤを縫って走るので仕方がないのでしょう。

20150929-7.jpg

ちなみに帰りの写真です。通常は臨時とだけ書かれているのですがたまたまか「わくわくドリーム号青森」とありました。
これは鉄道ファンとしては嬉しい!

20150929-12.jpg

なお秋田を過ぎると添乗員が乗務します(秋田以北から乗る場合は指定の寝台に乗って添乗員が来るのを待ちます)。

その後、添乗員さんが人数確認と事前に下記のものを配ってくれます。

◆人数分のパークチケット
◆ホテルサンルート東京での朝食券
◆ディズニーリゾートのパンフレット(パークガイド)
◆わくわくドリーム号のワッペン

ワッペンは団体旅行者であることがわかるように目立つところに貼るということでした。

 

 遊ぶところ・みどころ紹介

 かかった金額

この親子鉄旅でかかった費用内訳は次の通りです。

  • パック代金:大人29,700円、中学生〜高校生28,800円、4歳以上小学生20,300円、添寝幼児料金6,000円
    往復の旅行費用と1日パスポート代金が含まれています。今回は大人、小学生、幼児だったので56,000円
  • 車内で食べるお菓子、翌日の朝食、飲み物で約2,000円
  • パーク内での飲食(昼食、夕食)やお土産などで30,000円

 列車ガイド(583系の車内ガイド)

それでは気になる車内のガイドです。
一部ファンの間では片側が寝台で片側が座席になっているという噂がありましたが、今回乗車した際は全て寝台がセットされていました。

20150929-11.jpg

 

583系は上中下の3段式寝台電車。一番広いのが下段となります。
ご覧のような寝台スペース。幅は十分にありますが、高さがありません。
ハンガーもついているので服をかけることはできますが長いコートなどは難しいでしょうね。

20150929-3.jpg

 

下段の中はこんな感じ。
窓側に隙間があるのでここでようやく普通に座れる感じですね。
中段のベッドがあるので通常は座るよりも寝ていないときつい体勢になるかもしれませんね。

20150929-8.jpg

 

こちらは中段。

今回は大人と小学生が下段で、幼児を添寝で申し込んだのですが、粋な計らいか幼児のために中段を用意してくれておりました。
子どもたちにとっては上に登ったり下に降りたりで楽しんでいた様子。

なおディズニーリゾート行きの団体列車なので利用者のほとんどは家族連れや友達同士。
なので車内も秋田駅出発のころまではそれなりに動きもあるしにぎやかでした。

22時を過ぎたころから静まり返って皆さん就寝したようですね。

20150929-4.jpg

 

ちなみに気になる上段。
これだけのスペースしかないので大人が寝ることはかなり難しいでしょうね。
小さな子どもならスペース的にはOKですが、寝相が悪くて落ちると怖いので我が家の場合は下段に子どもたち2人で寝てもらいました。

20150929-5.jpg

車内の設備はよくあるB寝台車。
和式トイレが2か所、洗面所が2か所ついています。トイレが洋式であればもっと利用しやすいのでしょうがそこは古い車両なので仕方ない。

20150929-9.jpg

 

洗面所も結構広いですね。

20150929-10.jpg

 

 ディズニーリゾートの地図

 関連記事など

 車両ガイドへのリンク

 

【親子鉄】583系わくわくドリーム号 : comments(5) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
わくわくドリーム号は、首都圏から利用する(申し込む)ことも可能でしょうか?
| 乙動画(YouTube) | 2015/11/03 11:22 PM |
乙動画さま、コメントありがとうございます。
この列車は青森県内と秋田県内、山形県内からの乗車(下車も同じ駅)のみの団体旅行だそうです。
こちらから乗ってまたこちらに戻ってくるというのであれば可能なようですが、首都圏の方にとっては現実的ではないですよね・・・。
| 本田正博 | 2015/11/04 9:14 AM |
このブログでわくわくドリーム号の存在を知り、今度知人とツアーに参加する者なのですが、浴衣やシーツ等のリネン類は、復路時には新しいものに交換されるのでしょうか?
| 純米大吟醸 | 2016/04/08 12:36 AM |
純米大吟醸さま、コメントありがとうございます!
帰りのリネンについてはすべて交換されておりましたのでご安心ください。
ただごみ類など置いていたものはそのままでした。
参考になさって素敵な旅行になりますようお祈りしております!
| 本田正博 | 2016/04/08 8:19 AM |
先日、知人とわくわくドリーム号のツアーに参加し、とても楽しい時間を過ごすことができました!
また機会があれば是非参加したいと考えています。
この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
| 純米大吟醸 | 2016/05/24 2:39 PM |
コメントする