『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 秋田総合車両センターフェア2015その1〜車両編 : main : 秋田総合車両センターフェア2015その2〜方向幕をもらったの巻 >>
レトロこまち号の乗車記(10月10日)
レトロこまち号
ここ数年10月になると走るイベント列車、今年はED75-777が旧型客車をけん引して秋田と横手を走る「快速レトロこまち号」が運転されました。
旧型客車は今年7月に乗った大井川鉄道きかんしゃジェームス以来の2回目。
その時の様子はこちらをご覧くださいね

ただ午後から秋田総合車両センター一般公開に行く予定だったので横手までではなく、途中の刈和野まで乗ってすぐに戻ってくる行程になりました。
しかも!
乗車中暇かなと思い子どもたちに妖怪ウォッチのDSソフトを買ったら「家でやる!!」となり久しぶりに僕一人での乗車となりました(笑)

さて秋田駅のホームに行くと、
レトロこまち号
今年もなまはげが乗車。
秋田地区でイベント列車があると必ず乗車してくれます。車内でも「おはよう!」とみんなに声をかけていましたよ。


レトロこまち号
ホームでの出発式ではアマチュアジャズバンドの皆さんが「A列車で行こう」を演奏。
僕も吹きたくなりましたよ。


レトロこまち号
乗車した3号車はスハフ42。
まさにレトロですね。秋田で旧型客車に乗った記憶があるのは小学校4年のころ。
確か昭和57年ころだったと思います。もっと暗くて汚いイメージの客車でしたが、さすがにこれは手入れが行き届いています。


レトロこまち号
扇風機はJR東日本になっていました!
大井川鉄道の旧型客車は国鉄(日本国有鉄道)でしたね。


レトロこまち号
やっぱり青いモケットが絵になるボックスシート。
客車はこれでないと!


レトロこまち号
ちなみに1号車のオハニ36(半室荷物車)がこちら。
知人がいたので寄らせてもらいましたが、車内まで完全に「木」ですね。
重厚感のある雰囲気が漂ってきました。

レトロこまち号
途中、たくさんの撮り鉄さんに出会い、峰吉川付近ではレトロこまち号のために昼花火まで上がり、あっという間に刈和野へ到着。刈和野では列車交換のためしばし撮影タイム。
ここでもなまはげが大活躍!お客さんたちと記念撮影をしたり、

レトロこまち号
機関車ED75とのツーショットも!


ちなみにこの日のレトロこまち号は乗車率でいうと30%くらい、指定席も前日まで見ていたえきねっとでは空席ありでした。
せっかくのイベント列車なのにもったいない。しかもお客さんのうちの80%は鉄道ファンのようなので、もっと一般の方へのPRがあればよかったのにと思います。

JRの営業もチラシとネットだけではなかなか難しいですね。

【親子鉄】イベント情報など : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

コメント
コメントする