『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< さよなら青森のEF81-138 : main : 秋田県版の青春18きっぷ?あきたフリーパス発売 >>
【親子鉄】メモリアルシップ八甲田丸の体験記2015

20151125-1.jpg

かつて青森駅と函館駅を結んだ青函連絡船。
長い歴史を持つ青函連絡船ですが、最後は「八甲田丸」「摩周丸(函館港に係留中)」「羊蹄丸(船の科学館にて展示されていたが四国へ曳航し解体)」「十和田丸(フィリピンでホテルとして活用されたがバングラデシュにて解体)」の4隻が使用されていました。

そのうちのひとつ、「八甲田丸」は青森港に係留され『青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸』として観光客に人気を博しています。
一時、老朽化により廃止も論議されていましたが現在は工事を行いその姿もきれいになりつつあります。

 行程・ワンポイント


青森駅まではJR(青い森鉄道)または自動車で移動すれば、観光スポットが駅周辺に集まっているので徒歩で周ることができます。

青森駅の改札を出て海(北)の方向へ徒歩5分、「A・Factory」の横を通りさらに奥へ進むと黄色い大きな船体が見えてきます(駐車場もあり)

20151125-2.jpg

「JNR」のマークの下にある入り口を入るとそこがメモリアルシップ八甲田丸の受付。受付には管理をしているNPOの方から館内の説明を受けます。

順路については通路の下に矢印があるのでその通りに歩いて回ります。

まず最初にあるのは、

20151125-3.jpg

青森駅の昔の風景を再現したこちら。津軽弁の行商人の声がたくさん聞こえて昔の駅前の活気が伝わってきました。

1997年にもこちらを訪れたことがあるのですがその時はこのようなものはなかったような???

20151125-4.jpg

八甲田丸の船内の座席。

僕は青函連絡船には乗ったことがないのですが、何等船室でしょうかね。とっきゅうれのグリーン車のような座席でした。座り心地もよさそうで、これなら函館までの4時間もゆっくりと過ごせたことでしょう。

20151125-5.jpg

八甲田丸の操舵室。前には船長らしい人形もあり運航当時の雰囲気を感じることができました。

ちなみに操舵室には出港の際にならす鐘やドラもありたたくことができます。

20151125-6.jpg

操舵室の全景。遠く函館が見えるかな?と思いましたが青森港から函館はなかなか見えないようですね。下北半島、津軽半島の先端は見えました。

ここまでが館内の紹介でこのあと車両が格納されていた1階へ降りることになります。
 

 遊ぶところ・みどころ紹介

 かかった金額

この親子鉄旅でかかった費用内訳は次の通りです。

  • 入場料:大人500円/小学生100円/幼児無料。なお中高生は300円
  • 食事・お菓子・飲み物:1,500円
  • 青森駅近くの駐車場代(休日は最大):700円

 船内ガイド・展示車両

1階の甲板には当時北海道を走っていた車両や青森・函館駅で入れ替えを担当していた車両が展示中。

20151125-7.jpg

国鉄時代は全国どこでも見られた車掌車ヨ6000。八甲田丸のヘッドマークがついていました。

20151125-8.jpg

そして郵便車のスユニ50。荷物車のマニ50の仲間でしょうか。

20151125-9.jpg

そして北海道を代表する特急列車で使用されたキハ82-101。函館からの特急北斗、特急北海など北海道全域で走っていたディーゼルカー。今ではここと北海道の三笠鉄道記念館、名古屋にあるリニア・鉄道館でしか残っていないですね。

20151125-11.jpg

こちらは1997年に訪れた時の写真。2015年とほぼほぼ変わりありませんね。


20151125-10.jpg

そして入れ替え用機関車DD16-31。船内には入ることはなく桟橋での入れ替えに使用されていたようですね。展示コースはここまで。子どもたちには昔の車両ばかりなので馴染みはないかもしれませんが、大人にとってはなじみ深いものばかり。生で見ることができて、しかも20年近くたっても変わらない状態で保存されていて嬉しい限りですね。

 地図・アクセス方法

 リンク

【親子鉄】鉄道のある公園 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
コメントする