『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 鉄道コレクションの小坂鉄道キハ2100のレビュー : main : ブルートレインあけぼのの宿泊体験記その2(車内編) >>
小坂のブルートレインあけぼの宿泊記その1【車両編】
ブルートレインあけぼの
2016年4月22日から小坂鉄道レールパークにある「ブルートレインあけぼの」の一般営業が開始されました。
今年の営業からA寝台個室のシングルデラックスが利用できるようになったので早速23日(土)に子どもたちとA寝台個室に泊まってきました!
その宿泊体験記を3回にわたって伝えますね。

ブルートレインあけぼの
小坂鉄道レールパークにあるブルートレインあけぼのは全部で4両編成。
夕方の16時半にホームに入線してきます(静態保存ではなく動態保存してるのが最大の特徴!)

1両目の電源車カニは特急のマーク(翌朝には臨時になってましたが)。

ブルートレインあけぼの
2両目が私たちが泊まった(シングルデラックス)のスロネ24 551。

ブルートレインあけぼの
3両目はB寝台個室ソロだったオハネ24 555。ものすごく切りのいい番号ですね!
この日ソロに泊まったお客さんは3名くらいでした。
僕は現役時代はよくこのソロを利用したものでした。ものすごく狭かったけど一人になれるいい空間ですよ。


ブルートレインあけぼの
4両目はB寝台の開放車両、オハネフ24 12。
この車両は飲食や休憩用ということで誰でも自由に入れる自由席のようなものです。
一部は職員の宿泊(仮眠用)のために利用されます。

ブルートレインあけぼの
夜の小坂駅とあけぼのの先頭部分。
どうです?いい感じでしょう。
まさに夜行列車の世界。これが再現されているのはもうここだけです。

ブルートレインあけぼの
三脚を使わなかったのでうまく撮れませんでしたが・・・。
ヘッドマークをしっかり入れたかった・・・。
出発を待つ寝台列車ですよね。
このあと21時には車内アナウンスが入り消灯となります。

ブルートレインあけぼの
翌朝のブルートレインあけぼの。
快晴でとても気持ちよかった!ブルートレインにスカイブルー。もう最高です。
架線がないからさらにいいですね。

昭和の時代の寝台列車を体験するなら小坂鉄道レールパークへ。
次回は車内編をお伝えします。

【リンク】
親子鉄おススメ:小坂鉄道レールパーク

ブルートレインあけぼの宿泊体験1(車両編)

ブルートレインあけぼの宿泊体験2(車内編)

ブルートレインあけぼの宿泊体験3(施設編)

小坂鉄道レールパーク公式ページ

 
【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(1) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
こんばんは&#128516;

僕の名前ですがピ・エーる⇒ブルーライオン(Blue Lion)に変更しました(名前変えたりするのかもしれません)&#128517;

小坂鉄道レールパークのブルートレインあけぼのの宿泊ですか・・・。
僕はブルートレイン一回も宿泊した事もないです。
保存されてるブルートレインも宿泊したいものですね&#128516;
余談ですがバスも好きです。
最近では宿泊可能な夜行バスも運転してますからね&#128522;
| ブルーライオン(Blue Lion)さ | 2016/05/05 6:32 PM |
コメントする