『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 【親子鉄】秋田総合車両センターフェア2016(その1) : main : [親子鉄おススメ]マリンエクスプレス踊り子号で行く伊豆急下田の旅 >>
【親子鉄】秋田総合車両センターフェア2016(その2)

ミニSL

さて20日に行われた秋田総合車両センターの一般公開第2弾です。

今回はこれという目玉もなかったので、久しぶりにミニSLに2回も乗ってしまいました!

ここのコースは結構長いうえに、直線では飛ばすし、踏切もポイントもあってなかなか本格的な走りを楽しめるんですよ。

 

ミニSL

ただここ数年ボイラーの調子が悪いようでなかなか蒸気圧が上がりません。

たまに調整時間が必要になったり、運転自体が中止されたりもします。

このミニSL(といっても実物の1/5なので大きい方)もいつまでも頑張ってほしいなぁ。

 

 

ミニSL

友だちが来ていたので撮ってもらいました!

ちょうど先頭車両に乗っていたのでこんな感じに。

 

 

オハニ36

つづいてトラバーサー移動をする高崎車両センターのオハニ36-11。

昨年も旧型客車のトラバーサー移動はありましたが、今年は距離が長くなりました!

しかもオハニ!

 

 

オハニ36

ご覧の通り全検明けなので車内もピカピカ。

とってもきれいな状態の旧型客車に乗ることができました。

 

 

オハニ36

扇風機も回っていないので暑いのは仕方ないですが・・・。

この雰囲気がたまりません。

 

オハニ36

シートも張り替えたのでしょうかね?

 

 

オハニ36

台車自体がリモコンで動くんですね。

ちなみにトラバーサー移動は全部で2か所、なかなか楽しいプチ旅行でした。

 

 

EF81

最後におまけを。

展示されていたわけではなく入場していたのかもしれません。

秋田車両センター所属のEF81-136。数年前はこれにあけぼののヘッドマークをつけて運転台に入れたんですけどね。

 

 

DD51

こちらも展示のみの高崎車両センター所属、DD51-897。

ピカピカです。今回は何の検査だったのでしょうかね?

秋田でDD51を見られるのも高崎の数両のみ。貴重な1枚でした。

 

 

Nゲージ

いつもならHOゲージのジオラマ運転があったのですが、今年は鉄道模型はNゲージの運転のみ。

秋田地区の車両が主なので都会の人には興味がないかも?

ここにある車両は僕はほぼ持ってます(^^;

 

 

Nゲージ

はやぶさとこまちの離合。

はやぶさも10両だったら迫力あるのになあ。

 

 

以上が秋田総合車両センターフェア2016レポでした。

 

【親子鉄】車両センター一般公開 : comments(1) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
こんばんはご無沙汰してます。

去年は10月に公開して、EF64−38とDD51−888が展示されてオハ47が全検出場直前でしたね。

盛岡のEF81−137廃車でしたか、残念ですね。
高崎車両センター高崎支所配置の4両のDD51の中で唯一普通の897号機ですか、逆に珍しく感じてます。他の842はお召し機・895と888はお召し予備で使ってます。897号機は検査表記が去年なので、調子が悪くての入場だったと思いますし、塗装も綺麗ですね。

旧型客車のオハニ36−11も出場が近いですね。
オハニ36−11は高崎の配置の前は、福知山に配属されていて、1986年11月の国鉄最後のダイヤ改正で福知山線の客車列車廃止に伴い動態保存の意味も兼ねて高崎に転属し、JRを迎えてます。
もう1両、オハニ36−7もありまして、こちらは大井川鐵道に引き取られて、日本ナショナルトラストが所有してます。


旅客のDD51は、東日本は高崎に4両・西日本の宮原に5両・鳥取の後藤に2両・下関に1両・北海道の函館に5両(北斗星色)しかないです。
| 夢空間 はくつる | 2016/08/24 12:09 AM |
コメントする