『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
<< 【親子鉄】秋田総合車両センターフェア2016(その2) : main : 大迫力の小坂鉄道DD130三重連@小坂鉄道レールパーク >>
[親子鉄おススメ]マリンエクスプレス踊り子号で行く伊豆急下田の旅

今回は番外編。実際に子どもと一緒ではありませんでしたが、家族と乗ったら楽しいだろうなという親子乗り鉄を想定した一人旅をしてきました。
おススメはこちら。マリンエクスプレス踊り子・スーパービュー踊り子で行く伊豆急下田の旅!

 マリンエクスプレス踊り子号

マリンエクスプレス踊り子

まずはこちら。
一瞬見ると成田エクスプレスのE259系ですが、錨のマークがついてます。マリンエクスプレス踊り子専用のE259系なんですね。
多客期しか走らない臨時列車なので珍しさもありますよ。詳しく解説しましょう。

 

 行程・ワンポイント


行程は単純。横浜から踊り子号に乗って伊豆急下田まで行き、遊んで帰ってくる。ただそれだけのシンプルなもの。
でも車両もバラエティーに富んでいるし、日帰りでも十分の楽しめると思います。ただ暑さにだけは十分にご注意を(取材した日は夏休みでした)

まずは横浜駅で名物のシウマイ弁当を買って車内へと乗り込みます。

シウマイ弁当

シウマイ弁当

熱が出て温まるタイプのシウマイ弁当もありますが、基本のものを今回は購入。
シウマイは文句なし!ただあえて言うなら(うちは米屋なので)、ご飯が美味しくない。そこだけでも工夫してもらえると嬉しかったなぁ。
でもボリュームも内容も大人でも満足できる定番弁当だと思います。

 

伊豆急下田駅

車内の様子は後述するとして、こちらはいきなり終点の伊豆急下田。
左から特急踊り子号の185系、右側が特急スーパービュー踊り子の251系。特に左の185系は国鉄時代からの車両なので乗っておくなら今のうちかも。
スーパービュー踊り子については別の記事で書きますが家族旅行には最適な車両ですよ。

 

伊豆急下田駅

下田=黒船。伊豆急下田駅には降り口と乗り口の二つの出口があり、こちらは降り口。
電車を降りてまっすぐにくるとバスターミナルがあります。

伊豆急下田駅

こちらが下田海中水族館行きのバス。こちらのバスで7分で水族館へ到着します。近いし便利!
海中水族館については公式ホームページをご覧くださいね。全国にたくさんの水族館がありますが、ここの海中水族館もおススメ。

 

伊豆急下田駅

ちなみに伊豆急下田駅からはこのような遊覧バスも出ているので特にここに行きたい!という目的のない方は遊覧バスでの観光もおススメです。
1日ゆっくり過ごせますよ。遊覧バスについては東海バスのホームページをご覧ください

 

寝姿山ロープウェイ

そしてそして同じく伊豆急下田駅から徒歩5分でロープウェイ乗り場が。
15分刻みでロープウェイが運転されていて、3分ほどの空中散歩を楽しむと太平洋が見渡せる展望台へ移動することができます。
ロープウェイに冷房はないので暑さには気を付けてくださいね。

 

寝姿山ロープウェイ

頂上の売店から見る風景はこんな感じ。どうですか?
この日の天候はいまいちでしたが遠くは伊豆七島まで見えるそうですよ。この売店(ロープウェイ終点)からさらに山登りをすれば頂上の展望台へいくことができます。
せっかく家族で来たなら周りも散策してみましょう(僕は暑さでやめましたが・・・)

 

寝姿山ロープウェイ

 

 遊ぶところ・みどころ紹介

 かかった金額

この親子鉄旅でかかった費用内訳は次の通りです。

  • 切符代:横浜から伊豆急下田まで(片道大人5690円/小人4050円)
  • 食事・お菓子・飲み物:お弁当など3500円
  • その他レジャー:寝姿山ロープウェイ(大人1080円/小人540円)、下田海中水族館(大人)

 列車ガイド

伊豆急下田駅

今回乗車したのは成田エクスプレスにも使用されているE259系のマリンエクスプレス踊り子。
専用車両です。NEXの横にある錨のマークがわかりますかね?

マリンエクスプレス踊り子

各車両のシートにも怒りのマークが。
これだけで海に行くんだなという気分になりますね。そのほかはすべて成田エクスプレスと同じだと思ってください。

マリンエクスプレス踊り子

なのでJR線内(伊東まで)ではWi−Fiが使えます。そして各シートにはコンセントもあります。
車両が新しいと設備も最新なのでいいですね。

マリンエクスプレス踊り子

大潟の荷物も置けます。なので家族旅行に最適な車両なんですよね。スーツケースできても全然邪魔にならない。

 

 地図・アクセス方法

 関連記事など

 

【親子鉄】東北以外のおススメ列車旅 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


コメント
コメントする