『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
小坂鉄道レールパークのプラレール遊び&アカシアまつりでした

ブルートレインあけぼの

6月9日、10日は秋田県小坂町のアカシアまつりでした。両日とも天気にも恵まれ・・・と言いたかったものの9日は午後に1時間ほど豪雨にたたられたようで濡れた方々は大変だったと思います。

僕は9日は仙台で仕事があり夜に小坂入り。久しぶりにブルートレインあけぼののA個室に宿泊できました。

 

 

ブルートレインあけぼの

電源車のカニにもあけぼののマークが入りますます寝台列車らしくなりましたよ!

夜のブルートレインあけぼのもなかなかいいものです。今シーズンから料金体系が変わり、人数による料金から質料となりました。

A個室シングルデラックス(2名まで宿泊可)でも1泊5940円で懐かしい寝台列車を味わえますよ(B個室はもう少し安い料金です)

 

プラレール遊び

さて翌朝は初代子ども駅長と一緒にプラレール遊びの準備を。

今回は車の関係で2/3くらいしか持ってこられませんでしたが、秋の鉄道まつりでは全部もってきて広くたくさん遊んでもらいたいと思います。

 

 

プラレール遊び

実は大きめのタープを2つ用意して日差しも防げるようにしたのですが・・・、1つのタープの屋根を忘れてきてしまい・・・。昨日は暑くもなく風もあったのでなんとか1つのタープで過ごすことができました。次こそ忘れないようにしないと・・・。

 

 

プラレール遊び

初代子ども駅長はプラレールの神様!とにかく詳しいしこのレールもすべて組立ててくれました。ルートと材料を考えながら線路を敷いて、試しては違うルートを考える。実はプラレール遊びって頭を使うんですよね。だから大人が線路を作らないで子どもたちに好きなように遊んでもらうことに僕は主眼を置いてます。

そして知らない人と譲り合って仲良く遊ぶ事もコミュニケーション能力の開発に大きく役立ちます。

遊びからいろんなことを覚えて欲しいのでこのプラレール遊びはいつまでも続けたい。

 

 

プラレール遊び

次回は7月上旬に開催したいと思いますが、今年は家庭の事情もあり不定期です。

またホームページやFacebookページなどで告知しますのでたまにチェックしてみてくださいね。新車両もまた持っていきますよ!

 

【リンク】

小坂鉄道レールパーク公式ホームページ

 

 

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(1) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


なぜかE235系に乗れない・・・東京駅電車ウォッチング

E235系

以前も書いたかもしれないのですが山手線にE235系が登場して早数年。年に何度かしか乗らない山手線ですが、まだ一度も乗ったことがありません。いつも見かけるんです。反対側を走っていたり一本前だったりと。

でもいざ乗ろうとすると必ずやってくるのが、

 

 

E231系

E231系の電車。今現在E235系とE231系ではどのくらいの比率なのでしょうかね?

そのうち全車置き換わるとしてもまだ乗ったことがないのでE235系の車内が気になります。

先週末1時間ほど時間があったのでそんな東京駅でウォッチング開始。今回は在来線です。

 

 

E531系

上野東京ラインができてから常磐線の乗り入れも開始されましたがE531系を東京駅で見かけるというのはまだ新鮮な感じがしますね。

 

 

E657系

こちらは品川行きの特急ときわ(ひたちだったかな?)。まだE657系の普通車に乗ったことがないので乗ってみたいものの。なかなか常磐線方面に行く機会がないのですよね。

 

 

E231系

東海道線のE231系。一番見慣れた車両かも。

 

 

スーパービュー踊り子

最後にスーパービュー踊り子を見ようと思ったらちょうど品川から特急ひたちが反対側に。

そして並んでくれました。スーパービュー踊り子も後継車両が発表されたので先が見えてきた感じですね。この独特の2階建て車両は家族で乗るには最高だと思います。子どもたちを連れて伊豆に遊びに行ってみたいなぁ。

 

 

【リンク】

親子鉄おススメ:スーパービュー踊り子の10号車で親子鉄を満喫!をご覧ください。

 

鉄道ニュース・写真(関東) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


キハ40形揃い踏み?週末の秋田車両センター

秋田車両センター

秋田車両センターに所属してるキハ40系は一般形(タラコ、五能線色、男鹿線色)とリゾート列車(クルージングトレイン、リゾートしらかみ・くまげら編成、あきたクルーズ号)がいます。これは日曜日の1枚です。たまたま3タイプが並んでいたのでパチリ。

実はクルージングトレインの後ろにEF81-136がいたのですが、見えるでしょうか?タラコも久しぶりに見た気がします。

 

 

秋田車両センター

そして719系秋田色ですが、なぜか2両編成。通常2両×2編成の4両で運転しているのですが休日は2両なのでしょうか?

残りの2両はどちらへ??

 

 

秋田車両センター

ちょっと暗いですが、キハ48形あきたクルーズ号は鳥海山をバックにいつもの留置線に。

次の出番までに屋外に置かれて屋根など錆びなければいいんですけどね。

できればクルーズ船の他にも使用されるといいなぁ。内装は変わってないかもしれませんが乗ってみたいものです。

 

 

秋田車両センター : comments(2) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


男鹿駅が観光拠点に!しかも運賃も安くなるかも?

7月に男鹿市に誕生する複合観光施設の「オガーレ」にあわせて男鹿駅が若干今の場所よりも伸びるのですが、その新しい駅から男鹿観光のための二次アクセスが週末を中心に強化されることが決まりました。

今まではこれがなかったんですよね。

 

しかも若干距離が伸びるはずなのに一部区間によっては料金が安くなるとか?

ちなみに土崎から男鹿間では90円安くなるそうです。不思議ですねぇ。

 

今までの男鹿駅では列車から降りてからタクシーくらいしかなかったけど、これからは男鹿観光も便利になりそうです。

料金も1日乗り放題切符などもあるようで観光客にとっては便利ですね。

せっかくだから男鹿線にリゾート列車も走らせてみればいいのになぁ。クルージングトレインでも使って。

 

【リンク】

JR東日本のプレスリリース

 

 

【親子鉄】秋田地区の鉄道(その他) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


DD51がいなくなってから8年も経ったか・・・

DD51

秋田地区ではかつてJR貨物によるDD51の貨物列車が運転されていました。この写真はいなくなる前の2010年2月。

秋田貨物駅〜秋田港駅までの往復と夜には秋田貨物駅〜北上駅までの仕業があったと思います(北上貨物は重連だったけど深夜の運転なので一度も撮ったことがありません)

 

 

DD51

最近の動きを見ていると国鉄色のDD51がJR貨物からも姿を消しつつあるようですし、名古屋地区では北海道から転入のDF500も稼働して転入がさらに続いているとか。近い将来JR貨物からもDD51はいなくなるのでしょうか。

DLファンとしては寂しい限り。

 

 

DD51

こちらはさらに遡って国鉄時代の奥羽本線を走るコンテナ貨物。夕方でしたが堂々と運転されていました。

今じゃ奥羽本線に貨物列車が走ること自体ないですからね。トラック運転手の労働者不足が叫ばれているのだからもう一度貨物列車が脚光を浴びてもいいと思うのですが。物流もスピードが求められているので列車だと難しいのでしょうか。

 

 

DD51

ちなみに秋田港駅ではDD51が貨物列車の入換作業も行っていました。

今はDE10に変わり普通な感じですが、DD51による貨車の入換って今考えれば珍しいことだったんですね。

このころは秋田臨海鉄道のDD13タイプ(DD56型)とDD51の競演が毎日のように見られました。

 

 

DD51

最後に番外編。

秋田総合車両センターに運ばれてきた高崎のDD51。これは検査入場前だったと思います。

高崎のDD51(JR東日本)とJR西日本のDD51はまだ頑張っていますね。

変わりのDLが登場しないでいつまでもこのスタイルを貫いてほしいなぁ。

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム