『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
京都鉄道博物館を初体験!その1

京都鉄道博物館

僕にとってはいわゆる鉄博の3つ目、JR西日本の京都鉄道博物館に初めて足を踏み入れてきました!これまで梅小路蒸気機関車館や大阪にあった交通科学博物館には行ったことがありましたが、京都に集結リニューアルした鉄道博物館は初めて。JR東日本の鉄道博物館、JR東海のリニア・鉄道館に次いで3番目です。あ、JR東日本といえば2017年に津山にあるまなびの鉄道館には行ったことがありました。

 

京都鉄道博物館

JR嵯峨野線に梅小路京都西という駅ができて交通も便利になったんですね。昔は京都駅から歩いたものでしたが、これは便利。梅小路近辺には水族館もあるし市民の憩いの場って感じでいいですね。ここらを散歩していて住んでみたくなりました。

さていよいよ京都鉄道博物館へGO!入場券は交通系電子マネーでも購入可です。

 

 

京都鉄道博物館

入ってすぐにあるのが元々大阪の交通科学博物館にいた車両、C62、80系電車、新幹線0系編成。ピカピカになっていてしかも屋外だけど屋根があるのでこれはしばらくは綺麗なままで置かれるでしょうね。そしてたまには車内を開放したりするのかな?仲間で見ることができればなお嬉しいですよね。

 

 

京都鉄道博物館

新幹線0系。各地の鉄道博物館にもありますが、やっぱり日本の新幹線といえばこちら。この車両前で記念撮影ができるような差0ビスもありましたよ。家族で記念にいいかも(有料ですが)

 

 

京都鉄道博物館

そして室内に入ると最初に見えるのがJR西日本が誇る500系新幹線。こんな真正面から見られるなんてここだけです。見れば見るほどエヴァンゲリオン初号機に似ている(^^;

これはエヴァンゲリオン新幹線になりますよねぇ。2017年に関西に来た時はうちの子とエヴァンゲリオン新幹線に乗車してきました。その時の様子もリンクを下に貼っておきますのでご覧ください。

 

京都鉄道博物館

ここは僕が大好きな国鉄特急車両が勢ぞろい!581系は急行きたぐにで2度ほど乗車しましたし、489系電車は急行能登で乗りましたね。どちらも懐かしい。車内はクハネ581は座席になっていて一部が寝台の状態でした。中も見られればよかったなぁ。

そしてクハ489-1はラッピングの最中。普段は国鉄特急色ですが、この時は特急白山などで使用されていた時のカラーリング。僕が実際に乗った時もまさにこれでした。

 

京都鉄道博物館

裏から見るとラッピングの状態がよくわかると思います。奥の方は国鉄特急色のままなのでこうみるとなかなか微妙ですね(^^;

 

 

京都鉄道博物館

そしてこちらも交通科学博物館にいたDD54。懐かしい。後ろには食堂車として利用されている20系食堂車が連結。まさに往年のブルートレインを彷彿させます。ちなみに食堂車でおいしいカレーを食べてきたので、その様子はまた次回に。

山陰地方で主に活躍していた機関車なのでなじみはないですが格好いいスタイルですね。

 

 

京都鉄道博物館

で、もう一つ気になったクハ103-1。僕の記憶だとちょうど10年前に和歌山駅でこの車両を見たんですよね。あの当時でもまだ走ってるんだと驚いたのを覚えています。当時はブルーでしたが大阪環状線のオレンジに塗り替えられて展示中。これも国鉄の顔ですね!

 

 

 

京都鉄道博物館

そして秋田でもよく見たDD51。今ではほとんど見られなくなった機関車ですが、ここでの特徴は真下から覗けること。

 

京都鉄道博物館

ディーゼル機関車を下から見るなんてできるものじゃない!機械の多さにびっくり。これはメンテナンスも大変だろうなぁと思います。特に北海道など寒い地方で活躍していた時の点検、検査は大変だったでしょうね。頭が下がります。

 

 

京都鉄道博物館

こんな感じでキハ81もDD51のお隣に鎮座。この車両も元々は特急つばさなど秋田に縁があるので(見たことはありませんが)、やっぱり気になる存在。最後は特急くろしおで使用され廃車となったんですね。京都鉄道博物館には西日本に縁のある車両が中心ですが、国鉄時代は全国を駆け回っていたものばかり。どれも懐かしく時間があればゆっくりと見たかったなと。

さてまだまだ紹介しきれないので次回へ続きます。

 

【リンク】

京都鉄道博物館公式ホームページ

 

津山学びの鉄道館
津山まなびの鉄道館に親子でいってきました(2017年)

 


500系TypeEVA新幹線を短時間で満喫!(2017年)

【親子鉄】鉄道博物館やおススメ公園 : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

GV-E400系気動車が試験のため?秋田へ!

※写真がありません、先に断っておきます。

 

新潟地区でキハ40形を淘汰するために投入されてるJR東日本の新しいディーゼルカーGV-E400系。

それが昨日秋田へ3両で回送されてきたそうです。2020年度に秋田地区にも配置されるのでそれにあたっての各種試験、確認などでしょうか?秋田車両センターで見られるかなと思いましたが、残念ながら・・・。庫内にでもいたのでしょうかね。

間近で見てみたいものです。

 

WikipediaのGV-E400系のページへ

https://ja.wikipedia.org/wiki/JR%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%ACGV-E400%E7%B3%BB%E6%B0%97%E5%8B%95%E8%BB%8A

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

秋田内陸線の新観光列車の名称が「笑EMI」に決定!

秋田内陸線急行もりよし

3月から運転されるであろう新観光列車の名称が決定しました。スマイルレールというキャッチコピーにもちなんでいるのでしょうか、笑EMI〜Akita satoyama Train〜というようです。これまでの秋田にはない感じでいいですね。土日は秋田内陸線急行もりよし号にも使われるそうなので乗車する機会も増えるのではないでしょうか。

これが秋田内陸線の起爆剤になってくれるといいですね。

 

〇「新・観光列車」の名称について

1. 優秀作品名称

AKITA SATOYAMA TRAIN
「笑EMI」(えみ)
※AKITA SATOYAMA TRAINはサイドネームになります。

2. 名称公募内容

令和元年9月13日〜10月31日の間、日本全国よりインターネット、郵送、FAXにて公募いただきました。結果、合計633点のご応募をいただきました。

 

※秋田内陸縦貫鉄道ホームページより引用

 

秋田内陸線急行もりよし

ちなみにこの車両は元々イベントや臨時列車などに使われていたAN8905を改造したものだそうです。費用は秋田県が出したのかな?珍しい。1月31日(金)にお披露目会と試乗会があるようです。ただいまホームページで募集中ですので興味ある方はぜひどうぞ。

僕も行きたいけど平日ですからねぇ・・・。休みもとれないし。

ヘッドマークやロゴマークも用意されるようなのでいろんな意味で楽しみですね。

 

【リンク】

秋田内陸縦貫鉄道のページへ

 

【親子鉄】第3セクター・私鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

きかんしゃトーマスシリーズのHOゲージ模型が続々発売!?

きかんしゃトーマス

この年末の衝動買いのひとつ、きかんしゃトーマスのHOゲージサイズ(正確にはイギリスの仕様らしく若干違う?)が発売されていて思わず購入。まだ走らせてはいませんが、走行中目が動くんですって!

そしてKATOから今後きかんしゃトーマスシリーズとしていくつかの車両がラインナップされてるらしいです。

 

 

きかんしゃトーマス

まだ開封していませんが、どのように走るのか?楽しみですね。

我が家にはNゲージのきかんしゃトーマス、プラレールのきかんしゃトーマスもあるのでこれで全クリ??

あ、木のおもちゃのきかんしゃトーマスもあったな。一度並べて写真でも撮ってみましょう。

 

 

きかんしゃトーマス

バッハマンという会社で出しているのを輸入してKATOが販売するのでしょうね。まだカタログには載っていないのですが、詳しくわかれば知りたいところですね。

 

↓↓↓ちなみにKATO鉄道模型のホームページではまだ見つけることができませんでした。

http://www.katomodels.com/

 

【Nゲージ】KATO : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム

E3系やまびこ(元こまち)乗車記。これが最後かな?

E3系やまびこ

今年最初の乗り鉄のもう一つの目的はこちら、E3系で運転されているやまびこ45号に乗車すること。仙台にある新幹線総合車両センターに転属してもう秋田で見ることが無くなった、元秋田新幹線こまちのE3系R編成。今でも2編成が残っていて盛岡では見かけることができるんですね。東京発やまびこ45号と盛岡発やまびこ50号だったと思います。

東京口では新幹線なすのでも利用されているのでもう少し見られるかもしれませんね。

 

 

E3系やまびこ

そして恐らく今回が最後のE3系R編成の乗車になると思ったので40分のミニ旅行ではありますが、グリーン車に。お客さんは僕ともう1人、そしてもう1名の方は水沢江刺で降りたのでほぼ独占状態でした。帰省ラッシュの最終日に反対方面に乗る人なんていないですものね。

 

 

E3系やまびこ

たった40分ではありましたが懐かしい気持ちで乗車することができましたよ。そういえばこのグリーン車の座席が一時オークションに出ていたことがありました。あの時財政的に余裕があれば欲しかった・・・。今でもE3系の運転席は所有していますが、一般座席は持っていないので。こんなに座り心地のいい座席はないですよね。

 

 

E3系やまびこ

そして一ノ関から盛岡までの40分はあっという間に終了。盛岡駅に到着してからゆっくりと撮影タイム。ちなみにこの日はR22編成でしたね。盛岡駅には臨時列車も多くE3系だけを撮るのは難しかった。

 

 

E3系やまびこ

数年前までは当たり前だったこの連結風景。E3系は最高時速275km/hなのではやぶさ・こまちの320kmとは大きく異なりますものね。スピードの面でも他の面でもやはり古さは否めません。でもかわいいデザインが好きなんですよね。

 

 

E3系やまびこ

いつ検査期限が来るのかわかりませんが薄汚れてますね。白いボディもやや黒ずんで見えました。暗いからかな?そして扉の下にはしっかりとステップが出ています。これがミニ新幹線の証ですね!今のE6系にもついてますが、到着するときは両側がこのように降りるのかな?片側だけなのでしょうか?

 

E3系やまびこ

ここではE5系が3編成並んでいたので思わずパチリ。さすがに全部の先頭部分は一部しか映りませんでした・・・。鼻が長いですよね、E5系とE3系を比べると一目瞭然。ここだけで時代の違いを感じますね。

 

 

E3系やまびこ

最後に盛岡駅を出発する秋田新幹線こまち(E6系)との並び?を。と思ったらピントが甘かった・・・。この2編成を同時に撮れるのはもう盛岡駅くらいしかないのかもしれませんね、しかも青森側というか秋田側。このE3系もいつまで走るかわかりませんが、最後は秋田まで来てほしいなぁ。

 

【リンク】

E3系こまち
E3系こまち(引退)時代の紹介ページ

 

臨時快速ジパング平泉 乗車記(令和2年1月5日) (01/06)

親子鉄じゃない乗り鉄 : comments(0) : - : 親子鉄マスター:本田将大 :

鉄道コム