『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
錦川鉄道で子供向け鉄道イベント開催(5/3)

 

全く東北の話題でもないし、そもそも行ったこともない山口県の錦川鉄道。

JR東日本の烏山線を走っていたキハ40が入線したことでも話題になっていますよね。

それはさておき、僕が気になったのは結構本格的な子ども向け鉄道員イベントがこどもの日のちょっと前に開催されるそう。

 

辞令を受け取って丸一日鉄道員として働くイベントを第3セクター鉄道がやるなんて凄いですよね!

これぞ親子鉄のホンモノ!!!

 

遠くて行けませんが、こんなイベントを小坂鉄道レールパークでもやってみたいなぁ。

なんて思いました。小坂鉄道では手旗での誘導や今や数少ないタブレット交換も体験できますしね。

今度企画してみようかなと思います。

 

【期 日】 平成30年5月3日(水・祝)
【定 員】 小学生40名(保護者の同伴が必須)
【参加費】 こども500円/人(運賃無料。但し、岩国駅〜川西駅はJR線のため有料)
※保護者は錦町駅までの通常運賃が必要です。

 

 

 

【リンク】

錦川鉄道の公式ホームページへ

 

【親子鉄】鉄道イベント・他 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


大好評!小坂鉄道ナイトVol3が土曜日開催!

小坂鉄道レールパークの主催ではありませんが、仲間でもあります小坂鉄道ファンクラブにて懐かしの小坂鉄道の映像を上映する企画、小坂鉄道ナイトが14日(土)17時半開場、18時開演で行われます。

 

配線ファンにもたまらない未公開映像に加え、昭和時代の懐かしい映画館での上映。

オールドファンにはたまならい時間と空間を過ごせると思いますよ(ちょっと子どもたちには無理かも(^^;)

 

とっても貴重な上映会ですので興味のある方は是非ご来場ください。

(僕は翌日の町内一斉清掃の班長のため泣く泣く行かれませんが・・・)

 

https://www.facebook.com/events/355646808276586/

 

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


秋田港線East-i D検測の入れ替え作業などなど

East-i D

先週の日曜日のことです。雨が降りしきる中ですが『あきたクルーズ号』の試運転でもやっていないかな?と思い会社への用事帰りに秋田港駅へ。すると遠くから見たことのない車両が??あれ?クルーズ号が来た!?と思ったらやってきたのは秋田車両センター所属のEast-i Dでした。どうやら秋田港線の検測だったようです。

 

※わたらせ渓谷鉄道での脱線事故以降2両での検測を行ってますが、それでも大丈夫なんですかね?

 

 

East-i D

DE10-1187の牽引で到着したEast-i D。これからの入れ替えが面白かった。

まずは秋田臨海鉄道のDE10-1250が引き出しに行きます。

 

 

 

 

East-i D

こんな感じ。秋田臨海鉄道のDE10も見た目はほぼ変わらないのでこのまま車両センターに帰ってもよさそうな感じですけどね(笑)

 

 

East-i D

その後、JR東日本のDE10-1187と秋田臨海鉄道のDE10-1250が入れ替えを繰り返し帰りの状態に。

他社の社員、車両ではあっても元は同じなので鉄道員の動きがとてもカッコよく見えました。

いいなぁ、鉄道の仕事は。

 

 

East-i D

そして出発を待つEast-i D。

僕はたまたま通っただけですが他にもたくさんのカメラマンや家族連れがいて一瞬賑やかになりました。

鉄道って人を惹きつける魅力があるってことですよね。

 

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


あきたクルーズ号試運転開始@秋田車両センター

あきたクルーズ号

4月18日に秋田港駅の開業?とクルーズ列車『あきたクルーズ号』のデビューを控えて、そろそろ秋田総合車両センターを出場するのかな?と思っていたら先週中に出場試運転が行われていたようです。

本当は走ってるところを見たかったけど仕方なく秋田車両センターへ。そしたら庫内にいました。

暗くてほとんど見えませんが・・・。

 

 

EF81

EF81-136もなかなか見ないなと思っていましたが役目を終えて戻ってきたようですね。

最近ED75も出番があるようで3機揃ってここで見かける機会が少ないんです。

赤い機関車が多いとなんとなくわくわくするんですよね。

 

 

秋田新幹線

赤と言えば赤い新幹線、秋田新幹線こまちのE6系。

こちらも入れ代わり立ち代わり整備や出発準備をしていました。

 

 

秋田新幹線

屋根の上の汚れてきた感じはありますがまだはっきりとしていますね。

ピカピカのE6系を上から見てみたいなぁ。

 

あきたクルーズ号は18日に3往復、秋田駅と秋田港駅間を運転するようです。

昨日の段階で秋田港駅のホームもほぼほぼ出来上がっていました。新しい秋田の玄関口が間もなくオープンですね。

できればホームに屋根があればよかったのになぁと思ってしまいましたが・・・。

 

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


今朝の特急いなほ8号は久しぶりの瑠璃色@秋田車両センター

特急いなほ瑠璃色

今朝も冷たい雨の降る秋田市。今朝の秋田車両センターの主役はこれ、特急いなほ瑠璃色でした。

秋田発のいなほ8号に入るのは久しぶりな気がします。それでも毎週ハマナス色か瑠璃色を見る機会があるので嬉しいですね。

ただ一度は乗りたい・・・。

 

 

特急いなほ瑠璃色

このダイヤ改正から出発時刻が大幅に変わり、そのためか出発線も変わりました。

なので編成全体も見えるように。秋田地区で7両編成は秋田新幹線こまちと同じ。模型で走らせる分にはちょうどいい長さですが、国鉄時代の特急にくらべると寂しくなりましたね。食堂車とはいわないけどせめてビュッフェか売店コーナーなどは欲しいところですね。特に長旅になるなら。

 

 

秋田車両センター

4月からはリゾートしらかみも3往復毎日運転が始まりました。

これだけ見れば春だな〜って感じるものの、寒い・・・。週末はさらに寒くなりそうです(先日は県北で雪が積もりましたし)。

 

皆さんもお体ご自愛下さい。

 

 

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム