『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
あきた鉄道ふれあいフェスタ2017in秋田車両センターの様子

あけぼの

鉄道の日の今日は全国各地で鉄道イベントが開かれてるでしょうね。秋田市は幸いにして朝から快晴。

秋田車両センターでは「あきた鉄道ふれあいフェスタ2017」の一会場として一般公開が行われました。事前の予告通りの内容なので簡単にご紹介。

まずはED75の懐かしのヘッドマークコーナー?最初は『寝台特急あけぼの』。小坂鉄道レールパークでも現役の『あけぼの』客車とDD13タイプディーゼル機関車が引いていますが、こちらが本家本元。

でももう引くことはありません。せっかくなら小坂に電気機関車を運んで展示しても面白いのかも?

 

鳥海

反対側は『寝台特急鳥海』。鳥海自体はED75がけん引していた記憶はないのですが(EF81の写真はあります)、しっくりきますね。

 

 

北斗星

もう一両の所属機、EF81-136には『寝台特急北斗星』。こちらは青森所属時代にもけん引したことがあるのでは?

秋田にはあまり縁がありませんが、これはこれで似合ってますね。

 

 

その反対側は『寝台特急はくつる』。実に懐かしい。もう20年にも前になりますが上野から野辺地まで乗ったことがあります。

その時の牽引機は多分EF81。写真が残っていないのが残念でなりません。確かプルマンA寝台の下段に乗ったんだったよなぁ。

 

 

EV-E801系

こちらは展示初登場!男鹿線に導入された蓄電池電車EV-E801系。今日こちらの展示ということは運用にはキハが入ってるのでしょうか??

 

 

クルージングトレイン

同じくなかなか展示はされないキハ48形クルージングトレイン(初代リゾートしらかみ青池編成の先頭車両)。

でも乗る機会は多々あるので珍しさは全くありません(笑)

そして展示だけで中に入ることはできませんでした。

 

 

キハ40

外にはキハ40五能線色。五能線にも次世代電気式気動車の導入が発表されましたからこれもいつまで見られるか?

ちなみに28年3月に検査を受けているようなのでまだしばらくは大丈夫でしょうか。

 

 

落書きコーナーに置かれたのは男鹿線用のキハ40。男鹿線は蓄電池電車がもう1編成投入されるようですが、それ以外は当面キハ40が残るのかな?それとも五能線と同じく次世代電気式気動車が投入されるのか?いろいろ楽しみですね。

 

 

秋田車両センターではこのように目の前を回送列車が走ります。この辺は車両基地らしいですね。

この後反対側からは入庫する701系が走ってきました。

 

他にも子どもたち向けプラレールコーナーやミニSL、ペーパークラフト作りなどもありましたが、ここ数年同じような内容なので正直いまいち感は否めませんね。企画準備も大変かと思いますが、何か新しい企画が欲しいなと思った一般公開でした。

 

【親子鉄】車両センター一般公開 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


三陸鉄道に11年ぶりの女性運転士が誕生へ

三陸鉄道

岩手県の久慈と宮古を走る三陸鉄道北リアス線に明日14日(鉄道の日)から11年ぶりに女性運転士さんが誕生するようです。

おめでたい話ですね!

 

第三セクター鉄道ができたころは全国にも女性運転士はたくさん誕生しましたが、今はあまりいないとか。

逆にJRなどでは女性運転士、女性車掌は当たり前の時代になってます。

こんなところでも働き方が変わってきたんだなと感じられますね。男女関係なく好きな仕事に就くことができれば結果的にみんなが幸せになれると僕は思ってます。

 

これを機会に三陸鉄道も全線開通を目指してさらに盛り上がってほしいですね。

僕もたまに乗りに行かないとな。

ぜひこちらの記事も読んで、そして乗りに行ってください。

 

【リンク】

朝日新聞のニュース記事へ

 

- : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


リゾートしらかみ旧ブナ編成はまた復活するのかな?@今朝の秋田車両センター

リゾートしらかみ旧ブナ

先日秋田車両センターの横を通ったらキハ48形のリゾートしらかみ旧ブナ編成に電気がついていました。

昨年7月に新車(HB-E300系)に入れ替わった後特に使い道がなく秋田車両センターと秋田総合車両センターを行ったり来たり、もしくは一般公開時の休憩車両にしか使われていない旧ブナ。

まだ検査期限まで期間があるので何かに使うかどこかに転属すればいいのにと思ってる今日この頃です。

 

 

リゾートしらかみ旧ブナ

JRではなく他社への働き掛けもあるようですが、いまのところ実現はしていません。

4両全部ではなくても2〜3両だけでも使えるのがキハ40系のいいところ。

どこかの第3セクターなどで使いませんかね?今朝秋田車両センターに置かれていたということは今週末の秋田車両センター一般公開(あきた鉄道フェスタin秋田車両センター)でも展示されるのかな?

 

仕事もありますが天気がよければ14日の一般公開も行ってみたいと思ってます。

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


今年最後の「あけぼの」宿泊と小坂・鉄道まつり2017

ブルートレインあけぼの

この10月8日、9日の2日間、今年も『小坂・鉄道まつり』が無事開催されたくさんのお客さまにご来場いただきました。今年は過去最高の入りだったとか?

僕も小坂鉄道保存会メンバーとして準備とプラレール遊び・鉄道模型運転体験(Nゲージ)対応のため7日から小坂入り。多分今年最後の「あけぼの」宿泊になるであろうということで寒さ対策も万全に乗り込みました。

 

ブルートレインあけぼの

でも思ったよりも寒くなく快適なB寝台個室(ソロ)、翌日はA個室に子どもたちだけで泊ったのですが、そちらも暖房をつけなくても快適だったとか。小坂町周辺でも紅葉は進んできているものの寒さはまだといったところでしょうかね。

東京間での行き帰りに何度も使った「あけぼの」のソロ。今年最後のソロを存分の堪能しつつ小坂の夜は更けていきます。

 

ブルートレインあけぼの

やっぱりこの方向幕がしっくりきますね!

特急あけぼの「秋田行き」なんてのも昔はあったけど、晩年にたくさん乗ったので「青森行き」か「上野行き」が個人的には好きです。

 

ブルートレインあけぼの

さて小坂・鉄道まつりではたくさんのイベントが行われたのですが、僕は鉄道模型コーナーに張り付きだったので他のイベントの写真を全く撮っていません(笑)

 

24系客車の愛称幕撮影会とかディーゼル機関車乗車体験なんかも興味あったもののただただNゲージに没頭。

こんなシンプルで小さなレイアウトでも幼児から運転(操縦)できるとあってたくさんの親子連れに遊んでもらえましたね。

ちなみにこちらの小さなレイアウトは小坂鉄道や秋田県北部の列車をイメージ。なぜかきかんしゃトーマスシリーズもいますがそこは幼児向けということで。

 

ブルートレインあけぼの

もう一つの大型レイアウトでは北東北の列車を中心に運転(操縦)体験を。

長い編成も登場して子どもたちも楽しそうな笑顔。幸いに車両が壊れることもなく無事2日間の運転会が終了。

やっぱりただ見てるよりも自分で操縦した方が面白いんでしょうね、子どもたちとそれを見守る親御さんのたくさんの笑顔が忘れられません。

 

 

ブルートレインあけぼの

2日間立ちっぱなしでかなり疲れ果てましたが(笑)

それでもやっぱり笑顔が癒しになりますね。子どもたちの本当に楽しそうな笑顔、そしてたくさん写真を撮ってくれたお父さん、お母さん、なかなか目立たない機関庫の奥まで来ていただきありがとうございました!

 

 

【リンク】

小坂・鉄道まつり2017のお知らせ(公式ホームページ)

 

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(3) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


10年前のJR常磐線いわき駅にて

415系

相変わらずネタがなく(写真を途に行く時間がなく)て昔の写真ばかりでスミマセン。

昨日秋田総合車両センターにDD16が入場したり秋田地区ではちらほらと動くはあるものの全く動けません・・・。

 

ちょうど10年前の今頃、福島県いわき市に仕事で行ったことがありその時の写真が見つかりました。

確か仙台で普通列車に乗り換えていったような。

 

そのいわき駅です。左は415系?右は?扉の数がわからないので何とも言えないのですが717系か455系あたりですかね?

詳しい方教えてください<m(__)m>

 

 

651系

すっかり常磐線ではなく高崎線のエースとなった651系ですが、このころはまだまだ上野といわきを走るのは651系特急スーパーひたち。水戸あたりまではフレッシュひたち(当時のE653系)だったと記憶してます。

仙台から乗ってみたかったなぁ。

 

531系?

こちらは??

531系とかでしょうか?415系に2階建てグリーン車の中間車ってありましたっけ?

常磐線に詳しい方教えてください<m(__)m>

 

たった10年なのにすっかり忘れてしまっている・・・。

 

【親子鉄】東北新幹線・東北地区 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム