『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
583系に12系などがいた秋田総合車両センターウォッチング

秋田総合車両センター

23日日曜日ですが、午後から雨も上がったので夕方に子どもと近くの秋田総合車両センターまでサイクリングしてきました。

もちろん目当ては583系の現状を確かめたいから。踏切付近からもまっすぐに見えますね、583系。

ちなみにキハ58もこちらの移動されてからずっとこのまま動きません。手前に415系もいるのでもう動けませんね(^^;

 

 

秋田総合車両センター

少し行くと高崎の12系、オヤ12?がいました。検査入場中でしたかね。SL運転は今はやってないのかな??

旧型客車を使うときはお休みなのかもしれません。奥に701系の姿も。ちょっと何編成かはここからはわかりません。

 

 

秋田総合車両センター

奥羽本線沿いに移動すると485系の青森車、新潟車に交じって時折415系の姿も。しかも連結されてますね、これまた珍しい。

新潟車だけ扉が開いてますね。どうしてだろう??

 

 

秋田総合車両センター

ザ・国鉄車両ですね。

左から583系のモハネ、キハ58、485系青森車の3両が線路からよく見えます。

秋田から土崎駅まで列車に乗れば進行方向右側に見えますから興味のある方はどうぞ。

 

そんな秋田総合車両センターは8月19日に秋田鉄道フェアIN土崎ということで一般公開されるようです。

そのお知らせはまた次回に。

 

 

秋田総合車両センター

ここが撮影の名所土崎カーブなのですが、奥にシルバーのフェンスができたのがわかりますか?

最近新設されたのですが、このため撮影の名所であった土崎カーブも秋田側からしか狙えなくなりました。

また一つ撮影名所がなくなるのは残念ですが、これも安全を考慮してのことでしょう。

 

いろいろと制約や制限が増えて厳しい世の中になってきましたね。

 

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


先週末の秋田総合車両センター(12系、583系ほか)

秋田総合車両センター

先週末、久しぶりに秋田総合車両センターウォッチングをしてみました。この時は曇りがちだったのがこの後大雨になったので全体的に暗い写真ですみません。

まずは高崎の12系がいましたね。その後ろには583系の姿も(多分3両ずつに分割されているはずです)。

手前の485系たちの解体は進んでいないように思われます。解体止まったのか???

 

 

秋田総合車両センター

雨の中の写真なので見にくくてすみません。

こちらからは415系、485系(新潟車)、事故を起こした701系、キハ58がちらっと見えるのがわかるでしょうか。

 

 

秋田総合車両センター

踏切から見ると583系と485系(青森車)そしてキハ58の姿もよく見えると思います。

583系もキハ58も鉄道博物館級の車両だと思うんですけどね。

 

ちなみにキハ58は盛岡車両センター所属で今でも保留車扱いになってます。動かないでしょうけども・・・。

東北地区にも鉄道博物館のようなJRのレールパークが欲しいですね。

 

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


秋田総合車両センターの583系ウォッチング

秋田総合車両センター

四季島の話題が圧倒的な今年のGWですが、秋田県は残念ながら深夜の通過のみ。

夏には湯沢に停車する(そういうコース設定がされているとか)という話もありますが、それも恐らく1回のみ。

四季島にも見放された秋田県。とても寂しく感じますね。

 

そんな中、秋田総合車両センターに先日廃車回送された583系がどうなっているのか見に行ってきました。

すると踏切から見えるではありませんか!

外から丸見えです。ただ3両なのか6両なのかはっきりしません(3両ずつ分かれてるように見えますが)

 

 

秋田総合車両センター

違う角度から583系とキハ58.まるで国鉄時代の廃車工場の様子。

キハ58ももう少し綺麗な姿にしてほしいですよね。

両車両共に鉄道博物館入りが噂されていたものですが、今のところ動きはありません。

キハ58のように583系も車籍だけでも残せませんかねぇ。

 

秋田総合車両センター

さてこの中に何種類の車両が見えるでしょうか?

左から701系、485系3000番台(青森車)、583系、キハ58、そして485系3000番台(新潟車)です。

土崎工場は解体が遅いのでまだしばらく583系の姿が見られるかもしれませんね。

 

 

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


その後の485系と583系(秋田地区にいる車両)

583系

4月8日のラストラン「さようなら583系号」以来その去就がどうなったか気になってる方も多いと思います。

結論から言うとまったく動きはありません。秋田車両センターのいつもの場所に置かれたままです。

(ただヘッドマークは「臨時」になってますが)。

6号車の方向幕は「特急かもしか 青森」となっているようですね。近くまで行ってないので聞いた話ですが。

 

 

583系

いつ秋田総合車両センターへ運ばれるのか気になるところです。

できればまだしばらくこの姿を見ておきたいけど。

右には同じくいつものE751系特急つがる編成も留置中。みなさん写真を撮るならいまのうちですよ。

 

485系R編成

ところ変わって秋田総合車両センターと言えば、廃車解体待ちの485系がいます。

どうなったのか久しぶりに状況を見に行ってみたら、

 

 

485系

動きは全くありません。解体も進んでないのでは?

変わってるのはキハ58の姿がだんだん酷いものになってきているということくらいでしょうか。

新潟の485系3000番台、青森の485系3000番台が留置、解体待ちで並んでいます。

 

 

485系

こんな感じで国鉄色T18編成の最後の1両もまだ置かれたまま。

秋田の解体は遅いですね。長野ならすぐにスクラップになるのに。

これらの他にも新潟のR編成が3両ほどいます。

 

ブナ編成

ところであちこち動きのあった元リゾートしらかみブナ編成のキハ48ですが、いよいよ廃車置き場に置かれてしまいました。

この車両をめぐってはいろいろな動きがあるようですが果たしてどうなるのか?

検査期間もあるし、せっかく手を入れたのだから転属かリニューアルするなどしてうまく活用してほしいですけどね。

 

クルージングトレインのキハ48が現役でこちらが先に廃車というのももったいない話です。

秋田総合車両センター : comments(2) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


本当のラストランまであと3日の583系待機中@今朝の秋田車両センター

ありがとう583系

本当のラストが近づいてきました。

4月2日に運転された「ありがとう583系」のヘッドマークもそのままにいよいよ8日の本当のラストラン向けての準備が始まったようです。

今朝はいつもと違うところから覗いてみました。

 

 

ありがとう583系

両脇にE653系いなほ、East-iDを従えて重厚感、存在感が引き立ちますね。

僕の一番好きな車両583系、最後秋田に来てくれて本当によかった。

たくさん近くで見ることができ、たくさん乗ることができ幸せな14年間でした。

 

 

ありがとう583系

この8日は弘前まで2往復するありがとう583系。

切符を取っていただいたので僕も乗車できます。最後の旅をしっかり目に焼き付けて楽しんできます。

沿線も凄いことになるんだろうな。

 

リゾートしらかみ

ちなみにその隣にはリゾートしらかみ2編成の姿も。

時代はハイブリッド車ですからね。

 

これまで50年近くよく走ったなと思います。

ただこの名車が鉄道博物館に行くか行かないかはとても気になります。

 

秋田総合車両センター : comments(2) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム