『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
EF60-19が秋田総合車両センターに留置されています

秋田総合車両センター

7月2日に秋田総合車両センターに入場?した高崎のEF60-19がどうなっているのか、昨日7月3日に確認してきました。いつもの秋田総合車両センターウォッチング、EF60編。と思ったら線路から丸見えのところに置かれていました。踏切からもはっきりわかりますね。ここにはDD51やクハネ583、EF81などが置かれていましたが別の場所に移動してEF60を置いたようです。

 

 

秋田総合車両センター

奥羽本線の線路からも見えることでしょう。普通検査入場であれば建屋に入るんですけどね、なぜここに置かれているのか?ちなみに周りの車両たちは廃車解体予定の八戸線キハ40、そして改造で余ったサハ209たちです。ここに置かれていることに危機感を覚えますね・・・。

 

 

秋田総合車両センター

そしてEF60が来る前に置かれていた車両たちは別の留置線へ。

左からEF81、DD51-897、クハネ583、キハ59系Kenjiと手前がサハ209だと思います。実は写真には写ってませんがKenjiの奥には同じく先日やってきたマニ50が置かれているようで。クハネを除き廃車となった車両が一気に集まった感じです。

このまま一般公開してくれてもいいですけどね。

 

それにしてもクハネ583ですが、綺麗になりましたね。いつ鉄道博物館へ運ばれてもおかしくないくらいです。

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田将大 :

鉄道コム

EF60が秋田総合車両センターへ

EF60

いろいろと噂のあったEF60-19(高崎車)ですが、7月2日に秋田総合車両センター入りしそのまま留置されているようです(現地確認はしてませんがTwitterで写真がアップされていました)。故障のためどこまで修理できるのか、それともこのまま廃車になるのかまだわかりませんが、調子があまりよくはなかったようです。

 

秋田でも何度も検査や試運転がされていますが、僕が見たのは2010年の秋田総合車両センターの一般公開の時だけ。この時は方々のライトが1灯でもう片方は2灯でしたね。昭和の古い電気機関車ですが、なんとか動き出してほしいものです。

せめて動態保存程度でもいいので動かしてもらいたいですね。秋田総合車両センターの技術と部品確保にかかっているのでしょうか?

 

秋田総合車両センター : comments(1) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田将大 :

鉄道コム

今週の秋田総合車両センターはDD51ほか

秋田総合車両センター

先般高崎のDD51-897が送られてきた秋田総合車両センター。一番目立つところにクハネ583、EF81と並んで置かれています。ぱっと見綺麗ですよね。噂ではEF60も送られてくるようですが定かではありません。

この綺麗なまま保存なりしてもらえるとDD51ファンとしては嬉しいな。

 

秋田総合車両センター

ちなみに左から八戸線のキハ40、DD51、クハネ583、701系、そしてキハ58の姿が見えます。ここだけ見ると国鉄車両ばかりですね。

 

 

秋田総合車両センター

そして解体線にいたキハ59Kenjiは留置線に戻されました。解体は見送り?それとも後回しなのでしょうか?せっかくなのでこれらの部品を活用してキハ58-75を復活させてもらいたいものですが。無理でしょうね・・・。

 

 

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田将大 :

鉄道コム

平成最後の更新はクハネ583@秋田総合車両センター

秋田総合車両センター

いろいろネタを悩んだのですが、直近の秋田総合車両センターの様子です。JR奥羽線側に止められているサハ209の間から少しだけ583系の最後の1両(鉄道博物館に保存される?)クハネ583が見えました。わかりますか?この微妙な隙間(笑)

そしてその奥には未だに車籍だけはあるキハ58-75が置かれています。ここだけ見ると国鉄ですねぇ。

 

 

秋田総合車両センター

手前のEF81とは連結されてはいないんですね。クハネ583の反対側が見えました。もしかすると奥羽線の列車からも一瞬だけ見られるかもしれませんね。

 

秋田総合車両センター

そんなクハネ583の手前に置かれているのがEF81(何号機ですか?136?)と仙台のED75-757。そういえばこれも入場中でしたね。たしか秋田のED75-777も入場していると思います(EF81も入場中じゃなかったでしたっけ?)。最近忙しいですね。

ところでその機関車たちの奥の白い車両。これって踊り子転用のE257系じゃないでしょうかね?

 

秋田総合車両センター

奥には解体待ちのキハ40たちとDE10-1647の姿も。奥に701系のサハっぽいのもいますね、これも解体待ちなのでしょうか。

というわけで平成の30年間も終わり。このブログも10年以上続けてきましたが、まだまだ続けます(^^♪

引き続きどうぞよろしくお願いします。

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田将大 :

鉄道コム

209系リニューアル車出発OKでしょうか?

209系

24日日曜日の秋田総合車両センターです。武蔵野線への転用工事が終わった車両ですかね?209系500番台が置かれていました。その後出場したかどうかは定かでないのですが・・・。

 

 

209系

先頭車両ですが番号が見えません・・・。秋田地区では8両編成以上なんてなかなか見られないですからね、この長さは貴重です。

 

209系

目の前の中間車両のみ番号が見えました。こちらもサハを抜いて8両になった編成ですかね。

 

 

キハ40

秋田総合車両センターでは八戸線のキハ40と上記のように編成から外されたサハ209がたくさん置かれています。これらも解体待ちなのでしょうね。

 

 

秋田総合車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田将大 :

鉄道コム