『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
2018年の秋田地区を振り返って(新車?登場?の巻)

あきたクルーズ号

年末も押し迫ってきましたので今年の秋田地区の鉄道の動きを数度にわけて振り返ろうかと思います。まずは新しく走り始めた列車たち。最初は元リゾートしらかみブナ編成をリニューアルした『あきたクルーズ号』。秋田港に入港する大型客船のお客様をスムーズに秋田県内各地へ移動するため、JR東日本からJR貨物の秋田港線に入り、秋田臨海鉄道秋田港駅までを片道約15分をかけて走るクルーズ船の専用列車。この動きは秋田だけではなく仙台などでも実証実験が行われており、今後船〜鉄道を利用しての観光ということも増えてくるかもしれませんね。普段一般客が乗ることはできませんが、たま〜に臨時列車等で走るようですね。

 

あきたクルーズ号
あきたクルーズ号
キハ48系(旧ブナ編成よりリニューアル)

 

おもちゃ列車

こちらは由利高原鉄道鮎川駅近くの旧 鮎川小学校をリニューアルしてできた『鳥海山木のおもちゃ美術館』へのアクセスを目的とした通称おもちゃ列車「なかよしこよし号」。YR2001でしたかね?をリニューアルしたのですが、今回は車内にも木のおもちゃで遊べるコーナーを設置するなどかなり本格的なリニューアル。ラッピングを変えただけじゃありません。しかも鮎川駅もおもちゃ美術館を感じられるようにリニューアル。由利本荘市と由利高原鉄道の力の入れようが違います。

これらはクラウドファンディングも利用して全国からたくさんの方に支援していただきました。木のおもちゃ美術館も予想を上回る入場者がいて順調に滑り出したようです。まだ遊びに行ったことのない方はぜひいらしてください!

 

↓↓参考までに我が家の旅行記です↓↓

おもちゃ列車

おもちゃ列車で行く「鳥海山木のおもちゃ美術館」への旅Part2

 

おもちゃ列車
おもちゃ列車で行く「鳥海山木のおもちゃ美術館」への旅 

 

特急いなほ ハナマス色

最後も色を塗り替えただけなので新車ではないのですが・・・、昨年末くらいに塗り替えられたと記憶してますが実車を見たのが今年だったので今年の出来事に入れました(笑)

ハマナス色と桜。ぴったりですね。特急いなほの秋田乗り入れもいつまで続くかわかりませんが(乗車率が低いので)、記録できるうちにしておかないといけませんね。

 

明日は今年廃車になった車両などを振り返りたいと思います。

 

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

秋田地区の年末臨時列車の思い出

2012年12月27日のあけぼの

クリスマスが終わると今年も終わるなぁと実感します。秋田地区ではこの年末年始に特に面白い列車が走るわけでもなく、帰省客向けの秋田新幹線の増発がメインとなります(天候で遅延などが発生しないといいのですが)。

代わりに。数年前の年末年始の写真を何枚か。

1枚目は2012年12月27日朝の秋田車両センター。寝台特急あけぼの82号の送り込み前の様子。こんなに雪が積もっていたんですね。

 

 

2009年1月1日のかもしか

こちらは2009年1月1日の特急かもしか(583系使用)の1枚。この年を最後に583系での運用はなくなりましたね。

その後特急かもしかは特急つがるになり、車両も485系からE751系へと姿を変えました。

 

 

2014年12月31日のあけぼの

最後に2014年12月31日の寝台特急あけぼの。

すでに臨時列車に降格していた時の1枚。オール白帯?だったかな?と記憶していますがどうだったか。

まだB個室ソロは連結されていたのかな?最後はB開放ALLだったような。今では小坂鉄道レールパークでしか『あけぼの』に乗車することはできませんね。

 

来春に向けて小坂のあけぼの24系を修繕中です。ぜひ来年『小坂鉄道レールパークのブルートレインあけぼの』にも泊りにいらしてください!

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

蓄電池電車が秋田に来て2年が過ぎましたね

 

EV-E801系

2年前の冬、12月11日にACCUMこと蓄電池電車EV-E801系が秋田に甲種回送されてきました。2両編成の新時代の電車。

奥羽本線ではパンタグラフを上げて架線から電気をとって走り、非電化区間の男鹿線内はパンタグラフを下げて、車体下にある蓄電池電車から電源を供給し走ります。今ではすっかり男鹿線の顔になったのかな?

 

 

EV-E801系

甲種回送されたときの写真です。

ベースはJR九州の車両ですが、色が違うとイメージもだいぶ違いますね。

男鹿といえばなまはげ。赤と青の色はなまはげからきているのでしょう。

 

EV-E801系

初年度は1日2往復の固定運用で、検査時にはキハ40系が入っていました。現在は1日3往復。ただ2両の1編成しかないので検査時は代走にキハ40系が入っています。これ以上増えないのでしょうか?

かなり値段が高い電車だとは聞いているのでこれから先増えるのかどうかが気になるところですね。

 

 

EV-E801系

気になるのは全部ロングシートだということ。

観光で男鹿に行く方もいると思うのでセミクロスシートにしてほしかったなぁ。テーブルがあるといいなぁ、などなど。

静かで乗り心地はとってもいいんですけどね。増備するなら観光にも使える車両にしてもらいたいなと思いますね。

 

【リンク】

車両紹介EV-E801系(Accum)

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

秋田も冬本番。719系もこれくらいの雪ならへっちゃら?

719系秋田色

この週末は全国的に(特に東日本、北日本)冷え込みましたね。秋田もついに雪が積もってしまいました。

そんな秋田車両センターには出発を待つ719系がいつものようにスタンバイ。磐越西線時代も雪には慣れていたし、秋田の冬も二度目?なのでまだまだこれくらいでは。って感じで出発を待ってるんですかね?
秋田の場合は積雪よりも凍る方が厄介ですね・・・。
元気にこの冬も乗り越えてほしいな。
鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

仙台・山形駅で見かけた車両たち

キハ101

先々週に仕事で山形に行くことがありました(電車で行くのは十数年ぶり?初めてかも?)というわけで仙台から仙山線経由で山形入りした際にみかけたしゃりょうたちを。

まずは左沢線のキハ100。だと思ったらキハ101って書いてますね。形式が違うのでしょうか?

知らなかった・・・。

 

 

E721系

こちら仙山線でも運転されているE721系。いまや仙台の主力車両です。4両編成も追加されたのでどんどん増えていますね。

一方なくなってきているのが719系。常磐線の一部?ではまだ運転されてるようですが。

 

 

E721系

仙台空港アクセス線用のE721系(形式は違うのかな?)。こちらは2両編成なんですね。結構なお客さんが乗ってるのに2両だと人乗れるのかな?ちょっと心配になりました。

 

 

E491系

そして聞きなれないミュージックホーンが聞こえたと思ったらこれ!

East-i Eですね。仙台地区の検測に来ていたらしく、この時はおそらく車両センターへの引き上げだったんじゃないかなと。

久しぶりにEをみました。いつも秋田ではDばかりなので。

 

 

701系

最後に仙台地区の701系。仙台よりも北方面で使用されることが多いのでしょうか?

この時は8両になってました。

秋田でもあり得ない701系の8両編成。走ってるところを見てみたかった・・・。

 

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム