『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
まつりの後の今朝の秋田車両センター

秋田車両センター

東北の夏を彩る大きなイベント(夏まつり)がおわりました。

青森のねぶた、弘前ねぷた、秋田市竿燈まつり、山形花笠、仙台七夕まつり。他にもたくさんありますが、これらが総称して東北四大祭りと言われていますね。昔は三大祭りだったのに。

 

この夏まつり運用が終わりお盆休みまでの数日間は兵どもは夢の跡・・・・みたいに静けさを取り戻すJRの車両たち。

通常の運用に戻りました。

 

秋田車両センター

でも明日から16日くらいまでは多くの列車が満席。

たくさんの方々が故郷に帰ってくることでしょう。ただ今のところの予報ではちょっと天気がよくないかも。

東北へ帰ってきたみなさんにはゆっくりと過ごして、休んでリフレッシュしてまた帰っていってほしいですね。

 

秋田駅でも何かおもてなしがあるのかも?

(ちなみに昨年までは氷の彫刻?が置かれていて涼しさを醸し出していましたよ)

 

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


今日から東北四大祭りモードの秋田車両センター

秋田車両センター

今日8月3日から秋田市では『竿燈まつり』が始まります。青森市では既に昨日から『ねぶた祭り』が始まっています。

そんな祭りのための臨時列車の準備が整っていました!

手前には特急つがる用のE751系、その奥には臨時列車ねぶた祭り号のE751系、その隣にキハ48系クルージングトレインも待機中。

 

 

秋田車両センター

クルージングトレインは今日のリゾートしらかみの代走のようですね。

青森までは行かないのかな?8月は時々ブナの代走で走るようです。機会があったら乗ってみてください。

 

 

秋田車両センター

そしてこちらは臨時列車ではありませんが、検査のためE3系がまた来ていました。

このE3系も臨時のこまちで走ってほしいなぁ。

 

 

秋田車両センター

どちらの編成でしょうか?ちょっとここからはわかりません。

E2系が健在の間に『こまち』としてまた運転されることを期待したいですね。

 

この車両が引退する時はぜひ秋田に保存してもらいたい。どうも秋田には車両を保存するという雰囲気がないですからね。

もったいない。485系も、この先どうなるかわからない583系も、港に置かれっぱなしの24系客車もあるのに。

これらの鉄道車両も文化財の一つだと思うんですけどね。

 

秋田車両センター : comments(2) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


719系あかべぇ編成が秋田色(ピンク帯)に!

719系あかべぇ

Twitterなどで話題になっていましたが、秋田に転属してきた元磐越西線の719系あかべぇ編成がピンク帯(秋田色)に変わったそうです!ということで昨日の通勤帰りに秋田車両センターに寄ってみたところいましたいました。

もう乗務員訓練も終わったようで(試運転もあまり見かけない)、運用に入るのが近いことでしょう。

 

719系あかべぇ

ちょうど701系電車が通過したので比較の1枚を。

いかがでしょうか。横から見る限りはあまり違和感は感じません。

ただ719系の前面には黒帯があるのでそれと合うかどうかでしょうね。一度前から見てみたいものです。

 

 

719系あかべぇ

8月から運用に入るという噂の719系。

秋田の電車旅にもう一つ楽しみが加わりそうです。ボックスシートに座ってのんびりと電車旅を満喫したいですね。

 

新庄までいったら快速みのりか山形新幹線とれいゆに乗りたいなぁ。

 

 

 

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


E3系と風っこがいた今週の秋田車両センター

秋田車両センター

元秋田新幹線のE3系。残りはR21編成、R22編成の2編成だけですが、このところ秋田でよく見かける気がします。

月に2〜3度は見ているような?昨日5日もいました。検査後だったのでしょうか。今朝は見かけませんでした。

 

 

秋田車両センター

そして3日は風っこ津軽号で運転されていたビューコースター風っこが留置中。

このまま小牛田へ戻っていったのでしょう。ビューコースターの場合は北上線経由での配給となるのかな?

以前は羽越線で見かけたことがありますが。

 

 

秋田車両センター

そして絶賛試運転中の719系。

ほぼ毎日のように奥羽南線で運転されているようで最近では横手駅まで往復してるようです。

 

 

秋田車両センター

ずらっと並んだ秋田地区の車両たち。一気に在来線車両が増えましたね。

左から男鹿線のキハ40、701系、磐越西線から来た719系、キハ48クルージングトレイン、男鹿線のキハ40系、奥には男鹿線の蓄電池電車EV-E801系。

 

そしてついにキハ40系の後継車種が発表されました。

GV-E400系

だそうです。電気式ディーゼルカー、自社で発電しながらモーターで走るのでしょうかね?

あとで詳しく見てみよう、いずれにしても新車が登場するのは利用者としては嬉しいことですね。

 

プレスリリースの内容はこちらの記事をどうぞ

 

 

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


さようなら旧型客車、高崎へ配給

旧型客車

6月24日、25日と運転された高崎車両センターの旧型客車を使用したELあきた号、DLあきた号の返却準備が完了したようです。

こちらの写真は昨日(26日)の様子。

DLのヘッドマークが柱に隠れてしまい・・・。

ちなみに右端には工臨のDE10もいましたね。

 

 

旧型客車

その前には試運転中の719系もいました。

 

 

旧型客車

そして今朝の秋田車両センター。

こちらには秋田駅へ回送するためにDE10が先頭についてますが、反対側(高崎側)にはEF81の姿が。

隣りにはいつものように?719系も。今朝は2編成ともにいましたね。

 

 

秋田ディスティネーションキャンペーンもこれですべて終わりのようです。

次に秋田で旧型客車を見ることができる(乗ることができる)のはいつになることか。

 

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム