『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
DLあきた号乗車記〜2017/6/24

ELあきた、DLあきた出発式

秋田ディスティネーションキャンペーンのクロージングを飾る?ELあきた号・DLあきた号が6月24日、25日の2日間運転されます。その初日、24日のDLあきた号に乗車することができたので乗車記を。

秋田駅3番線、4番線ホームにそれぞれ時間差を置いて入線してきたELあきた号、DLあきた号ですが、出発時間は一緒(同時発車)のため、先頭をあわせて出発式が行われました。

 

ELあきた

ED75-777が引くのは旧型客車4両の横手行き。

どちらかというとこちらの方がお客さんが多かったかも?(切符はどちらもほぼ完売のようですが、多少空席が見えました)

ED75が旧型客車を引くのは2015年の快速レトロこまち号以来でしょうかね。

(その時の記事はこちら)

 

DLあきた

一方こちらがDE10のプシュプルによる快速DLあきた号。

秋田から象潟までの往復運転、なぜプシュプルなのかというと象潟での機回しに手間がかかるためのようです。

象潟方がDE10-1187。どのくらいのスピードで走るのか興味津々。なかなかDE10が旅客列車を引くことが見られなくなってきた秋田では貴重な機会となりましたね。

 

車内

DLあきた号

我々が乗車したのは2号車(3両編成)のオハ47。

前回もこの車両だったような・・・。欲を言えば3号車のスハフ32に乗りたかった・・・。

 

 

車内

旧型客車の隣には1分違いで弘前に向かうリゾートしらかみ 青池編成も。

レトロ列車から見る最新鋭ハイブリッド車というのも不思議な組み合わせですね。

 

 

出発式

機関車付近では出発式も無事に取り行われ、いよいよ出発!

10時37分の同時発車がどんな感じなのか楽しみです。

 

 

DLあきた号

いよいよ出発した両列車、そうしたらなんとおまけ?が!?

回送のE6系秋田新幹線こまちも並走を!

Twitterなどにもアップされていましたが、DLあきた号、ELあきた号、そしてE6系こまちが数分間並走し、途中で701系が秋田車両センターから回送されて来て4編成が並ぶという珍事が!粋な計らいですね。

 

 

DLあきた号

DLあきた号は雄物川を渡り羽越本線を快走します、しかもなかなかのスピードで。

途中駅もほぼほぼノンストップ。

 

DLあきた号

海が見えてきたころには終点の象潟はもうすぐ。

1時間20分ほどのミニトリップはあっという間に終わった感じです。

(象潟からの帰りは途中に停車時間の長い駅が何か所かあるのでもっと時間がかかるよう)

 

DLあきた号

秋田方についてるのはDE10-1759。この2両のプシュプル(実際には最後尾はムドのよう)運転でした。

 

 

DLあきた号

なんだか昭和の風景がよみがえった感じですね。

天候にも恵まれこのあと象潟の街も一時賑やかになったようです。

 

我々は40分後のきらきらうえつで秋田に戻り、もう一度折り返しのきらきらうえつで象潟にくるという離れ業をやりました(笑)

 

【関連記事】

【親子鉄】鉄道イベント・他 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


旧客が来秋!明日DLあきた、ELあきた出発式がありますよ

旧型客車

6月24日、25日と秋田を中心に運転されるDLあきた号、ELあきた号の旧型客車(高崎車両センター所属)が秋田に到着しました。

22日のことのようです。今回は客車の貸し出しだけなので試運転はしなくていいのかな?それとも今日23日にやっているのでしょうか?

 

 

出発式

そんな両列車の同時発車が秋田駅で見られるのですが、それに先立ち出発式が行われるようです。

さすがに同じ秋田車両センターからの秋田駅への移動なので入線時刻が違いますね。

僕も1枚だけDLあきた号の切符が取れたので乗ってきたいと思います!

(本当は子どもたちと乗りたかったのですが今回は取れませんでした・・・、残念)

 

 

旧型客車

それにしても7両がこのように置かれていると昭和を思い出しますね。

(といっても僕の中では旧型客車末期しか記憶にありませんが)

梅雨入りした秋田県ですが、どうやら土日は天候にも恵まれそうなので今から楽しみです。

 

 

【リンク】

JR東日本秋田支社のプレスリリース(PDFファイル)

 

【親子鉄】鉄道イベント・他 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


週末はきらきらうえつ&EL・DL旧客が走る秋田県

きらきらうえつ

今週末の6月24日、25日にいつもは新潟から酒田までの羽越本線を走っている「きらきらうえつ」が秋田まで延長運転されます!

両日ともほぼほぼ満席のようでさすがの人気ぶりですね。

秋田に着いたと思ったらすぐに折り返すのでバタバタ感はありますが・・・。

 

 

きらきらうえつ

いずれにしても珍しい列車に乗れるまたとないチャンス。

本当は新潟までいってゆっくりしたいものですが、所用もあるので今回は秋田から象潟まで乗車してみたいと思っています。

自慢のブッフェが酒田〜新潟間の営業というのが残念。秋田からも営業しくれるといいなぁ。

 

 

きらきらうえつ

座席はいかにも485系!

でも高さがあるので見晴らしはいいことでしょう。

天気に恵まれるといいですね。

 

 

一方、高崎の旧型客車が今年も秋田にやってきます。

写真は2015年の「レトロこまち号」

旧客レトロ列車

この時はED75-777が旧型客車をけん引しましたが、今回はちょっと趣旨が違います。

秋田から横手までのELこまち号と秋田から象潟までのDLこまち号(どちらも旧型客車をけん引)が秋田駅を同時発車するようです!

 

 

旧客レトロ列車

秋田の奥羽線と羽越線と言えば昔から同時発車がありましたが、まさか平成になって旧型客車で実現するとは。

これは撮り鉄さんも増えることでしょうね。

僕は切符が取れなかった(えきねっとを見ると若干の空がある様子)のでどこかで見られればいいなと思ってます。

 

 

旧型客車

こちらレトロこまち号の際のオハニ32。一段と古さを感じる客車ですね。

扇風機がまたいい!

6月なのでそれほど暑くもないでしょうし、旧型客車に乗るにはいい季節かと思います。

 

ぜひ今週末は秋田に遊びにいらしてくださいね。

 

 

【親子鉄】鉄道イベント・他 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


485系ジパング編成、秋田へ初見参!

春の臨時列車情報

秋田ディスティネーションキャンペーンが絶賛開催中ですが、6月の10日、11日に盛岡車両センター所属の485系ジパング編成が秋田へ初登場します!

 

10日(土)は大館へ、11日(日)は湯沢方面へ向かうようです。

本当は乗りたかったけど残念ながら両日とも仕事のため見ることも叶わず・・・。

残念・・・・。

 

 

指定席は徐々に埋まりつつあるようですが、びゅう旅行商品はまだ空いているみたい。

こちらは11日のジパング小町号でいく「サクランボ狩り・増田の蔵見学ツアー」。

せっかくジパング編成という豪華なジョイフルトレインが来るのだから乗ってみてはいかがでしょうか?

 

僕は乗れないので今後ジパング平泉号に乗って中尊寺でも見に行ってこようかな。

 

【リンク】

JR東日本秋田支社のジパング小町号でいくツアー

 

【親子鉄】鉄道イベント・他 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


小坂鉄道〜津軽鉄道〜弘南鉄道を満喫するツアー開催

ブルートレインあけぼの

東京発9月下旬と10月の計3回、秋田にある小坂鉄道レールパークと青森県の弘南鉄道大鰐線、そして津軽鉄道をめぐるツアーが企画されていて問い合わせが殺到中だそうです。

ついに小坂鉄道レールパークも観光ツアー(旅行商品)に組み込まれるようになったんですね!

まず掲載しているのは動態保存しているブルートレインあけぼのの入線風景。16時半〜17時までに小坂駅に来ていただければ宿泊者に限り乗車体験ができます(乗車できるのはB寝台開放の先頭車のみ)

 

ブルートレインあけぼの

A寝台個室(シングルデラックス)とB寝台個室(ソロ)をあわせても1日最大50名しか味わえないブルートレインでの宿泊。

これは贅沢な旅の始まりですよ。今や動態保存されてるブルートレインホテルはここだけですからね。

なお宿泊は全て個室になります(A寝台個室は2名利用も可)。

宿泊中は動きませんが日本でここだけしか味わえない贅沢な時間を過ごしてほしいですね。

 

 

小坂鉄道レールパーク

小坂鉄道ではディーゼル機関車の運転体験もあります。

今回のツアーには入ってないようですが、是非また来て自分で運転してみてくださいね!

運転できなくても見てるだけでも面白いですよ。

 

 

津軽鉄道

続いて向かうのは津軽鉄道。

青森県の五所川原から走っているこの私鉄ですが、名物はストーブ列車。

でも今回のツアーでは冬ではないので体験乗車はできないものの見学はできるようですよ!

これは嬉しいですね。

 

 

津軽鉄道

ちなみに僕が乗った時(2003年ころ)の写真はこちら。

多分今でも変わりなく元気に走り続けているのでしょう。

木造の客車というのが凄いですよね。これがまだ現役なんですから。

津軽鉄道も関係者の努力があってこその動態保存だと思います。

 

 

弘南鉄道大鰐線

最後は弘南鉄道大鰐線の元東急6000系に乗車するようですね。

これは貸切列車になるのかな?たまたま今年の4月に津軽大沢駅で見ましたが昭和45年製と書いてあったような。

小坂鉄道レールパークのディーゼル機関車とほぼ同じ年代です。どれも年季が入ってますね。でもまだ現役。

大したものです。

 

こんな昭和レトロ&ローカル線を満喫できるツアーはなかなかないと思います。

9月は問合せ殺到中のようですが10月はまだ余裕があるみたい。是非初秋の北東北へお出かけください。

 

 

【リンク】

クラブツーリズムの『1名1室同旅行代金  弘南鉄道・津軽鉄道で貴重な車両見学や体験も!憧れの寝台列車ホテル「ブルートレインあけぼの」に泊まる夜汽車ロマン旅2日間』

 

【親子鉄おススメ】ブルートレインあけぼの宿泊体験(小坂町)(2016年)

【親子鉄】鉄道イベント・他 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム