『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
【親子鉄おススメ】新幹線総合車両センターを見学する(宮城県利府町)

仙台の近く利府町にあるJR東日本の新幹線総合車両センター。ここでは東北新幹線をはじめ、北陸新幹線などの車両の検査・修繕を担当しています。
そのセンターの一部が公開されているので興味のある方は是非行ってみてください。

20150813-1.jpg
仙台らしく東北新幹線で活躍していた200系新幹線がまず出迎えてくれます。ちなみにこの2両は車内に入り見学することができますよ。

20150813-2.jpg
200系新幹線の隣には高速試験車のSTAR21の姿も。この試験車があったから今のE5系やE6系があるのでしょう。手前の200系以外は外から見るだけですが、一見の価値有ります。

20150813-3.jpg
新幹線車両の奥には交流電気機関車(EF71、ED77など)と蒸気機関車(D51他)が鎮座。
でもかなり状態は悪く立入禁止になっています。10数年前は利府駅にあり綺麗な状態を保っていたのですが残念です。

 新幹線総合車両センターガイド

20150813-4.jpg
駐車場に車を停めたらまずは記念撮影!
200系、STAR21をバックにパチリ。いい思い出になりますね。

20150813-5.jpg
200系新幹線の車内です。車内はクーラーも効いていて夏場でも涼しい。ただクーラーがあるのはここだけで、運転席にはありません。
当然運転席はかなりの厚さになりますのでご注意を。

20150813-6.jpg
さすがに新幹線運転席、広いですね。計器類もそのままの状態なので運転士さん気分になれるでしょう。

20150813-7.jpg
車両見学が終わったら奥にあるPRセンターへ。この建物の1階がPRセンターになります。

20150813-8.jpg
PRセンターの入口は自動改札機。切符は特に買わなくても入ることができます。

20150813-10.jpg
新幹線のPRセンターだけあって基本的には新幹線車両についていろいろな資料が展示されていますが、子どもたちに大人気なのはやはりプラレール。
JR東日本管内の最新車両が走っています。

20150813-9.jpg
こちらはプラレール遊びコーナー。レールや車両を好きなだけ出してきて好きなように遊ぶことができます。ちなみにプラレールコーナーは新幹線シートの生地でできてるようですよ。

20150813-11.jpg
もう一つ、今は懐かしい車両の乗り物。動きませんが運転士気分は味わえるかも?
小さなお子さん向けでしょうね。

20150813-14.jpg
新幹線のプラレール車両にまじって何故かきかんしゃトーマスシリーズも(笑)

20150813-13.jpg
結構広いスペースがありこの日もたくさんの親子連れが遊んでいました。
ちなみにPRコーナーの奥には車両工場があり、新幹線車両を塗装してる様子などが見られるかもしれませんね。

20150813-12.jpg
お父さんたちにはJR東日本の新幹線の歴史が細かく書かれた資料コーナーも。子どもたちが遊んでいる間にゆっくり見ることができます。鉄道模型ジオラマもあります(故障のため動かないことが多いよう)

 近くの遊ぶところ・みどころ

 かかった金額

費用内訳は次の通りです。

  • 入場料:無料
  • 営業時間:平日9時〜16時(受付は15時半)。ただしPRセンターは水曜日が休みの場合有り
  • 駐車場:10数台分有(入口にある詰所にて見学の旨を伝えると駐車場を案内してもらえます)

 地図・アクセス方法

Googleマップで「新幹線総合車両センター」と検索すると全く違うところに連れていかれます。なので利府駅、もしくは新利府駅を探しだし、線路沿いに辿るか下記の地図を参照してください。ここがPRセンターの入口になります。僕は車で行って散々迷いましたので下記を印刷していかれることをおススメします。

【親子鉄】東北新幹線・東北地区 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


震災以来の仙石線全線復旧&仙石東北ライン開業!
仙台地区ではかなりビッグなニュースだと思います。
東日本大震災以降三陸沿岸と福島沿岸を除き、不通区間が残っていた仙石線が全線で復旧します。

仙石東北ライン
仙台支社ホームページより。
仙石線が復旧するだけでなく新線も開業します。

仙石東北ライン!


HB-E210
先般小牛田で見かけたこのハイブリッド車両がメインで運転されるようですね。

103系
せっかくなので懐かしい写真を。
本塩釜駅での2003年の1枚。103系ですね。

103系
こちらはもっと古く、1987年頃の仙台駅仙石線ホーム。
同じく103系ですが更新前のようでガラスの形が違いますね。

ぜひ仙石線に乗って仙台、松島、塩釜、石巻へ遊びにいらしてくださいね。

(リンク)
JR東日本の仙石東北ラインホームページ
 
【親子鉄】東北新幹線・東北地区 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


ローカル線探訪、北上線冬景色
北上線
スミマセン、2月中旬ころのネタなのですが、今頃アップしています・・。
約30年ぶりに横手から北上までJR北上線に乗る機会がありました。
通常キハ100系単行が多い北上線ですが、この列車は2両編成。
しかも横手からは地元の方はもちろん、ビジネス利用っぽい人も結構いました。

北上線
出発前の横手駅の一コマ。
屋根の上にご注目!
雪下ろししてます。
わかります?横手はかまくらで有名な豪雪地帯。これから向かう北上線沿いももちろん豪雪地帯!

北上線
出発してものの20分もたつと車窓は雪の壁。
この日はものすごく天気が良く晴れていたのですが、車窓は真っ白。
雪の壁しか見えません(笑)

北上線
こちらは途中のほっと湯田駅。
ここは駅舎に温泉があるということで有名。
1年前に子どもたちと入ったことがありますが、今度は列車で訪れてみたいな。


北上線
湖の上を渡る赤い鉄橋でおなじみ、超有名撮影地もご覧のとおり。

雪!雪!雪!

北上線
これでは写真撮る方もテンション下がるでしょうか(^_^;)

でもこれはこれで冬らしくていいですよね。
今度はほっと湯田の温泉に入りに子どもたちと乗ってみたいと思います。

 
【親子鉄】東北新幹線・東北地区 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


東北本線の普通列車ウォッチ
先日秋田市から宮城県大崎市の古川まで仕事で行ってきました。
久しぶりに普通列車に乗って!ルートは秋田⇒横手⇒北上⇒一関⇒小牛田⇒古川。乗り継いで約6時間。
その道中で見かけた車両たちをご紹介。
701系
順不同です。まずは一関で出発を待つ701系。
普段ピンク色の701系しか見ていないので緑も新鮮ですね。
うちの子どもたちは秋田地区の701系をピンク電車と呼んでいます。

キハ100
続いて北上線を走破してきたキハ100。2両編成って珍しいかもしれないと思ったのですが、思っていた以上にお客さんが乗っていました。北上線もなかなかやりますね。

北上駅
北上駅についたキハ100と鏡越しの701系。
今度は盛岡地区のカラーリング。紫ベースです。

小牛田駅
こちらがその紫。
盛岡に行くとIGRいわて銀河鉄道の701系や青い森鉄道の701系も見ることができるんですよね。
いろいろとレパートリーがあり楽しいのですが、鉄道模型(Nゲージ)ではいまいち人気がなさそうな。

小牛田駅
最初の写真を見て「ん?」と思った方。
赤い電機ED75が一関にいたんです!
秋田でも同じタイプのED75 700番代がいますが、仙台配備のこちらも同じ700番台。
ED75はJR東日本に5両しか残っていないんです。

小牛田駅
北上線のキハ100よりも大きめのキハ110。
こちらもハイパワーのディーゼルカーですね。
小牛田から陸羽東線の運用を担っています。新庄からの陸羽西線もキハ110がベースですが、カラーリングが少し違うんですよね?たしか。

小牛田駅
秋田地区ではまだまだ現役のいぶし銀キハ40系。
石巻線の列車です。今は震災の為浦宿までの運転ですが、いよいよ女川まで全線開通しますね。
その時には乗りにゆきたいと思います。

マンガッタンライナーに乗ってみたいなぁ。

小牛田駅
そして小牛田で見つけた最新鋭!
ハイブリッド車HB-E210系!(だと思います)

仙石線と東北本線の直通列車として今後活躍することでしょう。
震災復興の一役を担ってほしいですね。

東北線はいろんな車両が走っていて楽しいですね。
秋田地区は701系とキハ40系だけですから。
 
【親子鉄】東北新幹線・東北地区 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


親子で新幹線ウォッチングできるスポット【北とぴあ】
またまた見つけました! 東京の親子鉄スポット。
関東在住の方はご存知かと思いますが、僕のような地方の人はなかなか行かれないのでこれだけまとめて新幹線を見られるのは効率的だし子どもたちも短時間なら飽きませんね。
しかも無料なのでおススメです! こんな写真が撮れます。

北とぴあ新幹線ウォッチング
よくある構図ですが、東京駅方面です。
真下を新幹線が走ります。かっこいいですね!

北とぴあ新幹線ウォッチング
E5系とE6系の連結部分。
上から眺めることは普段ないのでかっこいいです!

北とぴあ新幹線ウォッチング
ちなみにここが王子駅。
京浜東北線と下には都電荒川線が走っています。
これもまたおもしろい。

北とぴあ新幹線ウォッチング
今度は反対側の大宮方面です。遠くまで見渡せますね。
この日はちょっとかすんでいましたが、午前中なら空気も澄んでいてちょうどよいかも?

北とぴあ新幹線ウォッチング
ちょうど山形新幹線つばさの新カラーが通りました。
これはアップで撮った場合。

北とぴあ新幹線ウォッチング
引くとこんな感じ。

北とぴあ新幹線ウォッチング
東京は大きな河川が多いので高いところから見ると綺麗な街ですよね。

北とぴあ新幹線ウォッチング
ちなみに王子駅周辺では、下から都電、京浜東北線、そして新幹線と3本の列車が同時に走ったりもします。
ここいいなぁ。 今度子ども連れてこようかな。
【親子鉄】東北新幹線・東北地区 : comments(0) : - : :


鉄道コム