秋田市在住の4児のパパ。親子鉄マスター。NPO法人ファザーリング・ジャパン。秋田・青森・岩手などの親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など発信中。親子鉄を広めて『家族みんなを幸せに』が活動の目標
年に3回だけ!小坂鉄道レールパークのラッセル体験

小坂鉄道のラッセル体験

全国でもここだけというディーゼル機関車の運転体験ができる小坂鉄道レールパーク。冬の間はなかなか目玉がないのですが、一つだけおススメがあります!

 

1年にたった3回しかできないラッセル体験ができるんです。

今年は既に体験運転は予約で埋まっていますが、見学はできます。

 

 

 

小坂鉄道のラッセル体験

1回目は大寒波の1月15日に行われ(当日は雪も落ち着き、晴天だったとか!)ました。

その時の写真をいただいたのでご覧ください!この迫力!

 

キ100除雪車は元国鉄から譲渡されたもので全国では弘南鉄道のみ現役、小坂鉄道レールパークでは動態保存として使われています。もうかなりのお年寄りなのであと何年見られるかわかりませんよ。

 

 

小坂鉄道のラッセル体験

こちらは2013年のプレオープン時の一枚。

 

今年はあと2月12日、3月5日のそれぞれ13:00〜14:30ころまで行われます。

寒い時期ではありますがぜひ生で見にいらしてください!

僕も2月はいきたいと思います。

 

 

小坂鉄道のラッセル体験

ウイングを出してのラッセルまではやらないかもしれませんが。

この木製の貨車(除雪車)がまだ現役でいるということ自体素晴らしい。

 

 

 

小坂鉄道のラッセル体験

ちなみに2004年の小坂鉄道まつりでは中に入ることができました。

なにせ古い車両なので中に入るのはちょっと難しいかも。

でも見てるだけで迫力満点ですよ。

 

 

【リンク】

親子鉄おススメ「小坂鉄道レールパーク」

 

小坂鉄道レールパーク公式ホームページ

 

キ100形貨車(ウィキペディア)

 

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


寝台特急あけぼの、上野駅推進回送をイメージして

ブルートレインあけぼの

小坂鉄道レールパーク(秋田県小坂町)にある動態保存されながら宿泊もできる『ブルートレインあけぼの』。

このあけぼのにまた一つ懐かしいアイテムが装着されました!

上野駅13番線ホームに推進運転で入ってくる『あけぼの』をイメージして前灯?が取り付けられました。

小坂鉄道保存会の千葉会長作のライト。

ブルートレインあけぼの

こちらは前灯を付ける前。違いがわかりますか?

尾灯もついているので一番後ろの客車という感じですよね。

実際に上野駅に推進運転で入ってくるときの写真を見てみましょう。

こちら。

ブルートレインあけぼの

残念ながら『あけぼの』ではなく『北斗星』ですが、尾灯が消えていて、小さな前灯(ライト)が光っているのがわかりますか?写真の左下のライトです。

これを再現しました!

ブルートレインあけぼの

小坂駅ホームに到着するとこんな感じ。

DD131に押されて推進運転で入線してくるので雰囲気は上野駅13番線と同じかな?

こちらは非電化で古い駅舎のすぐ横なので違うかな(^^;

今シーズンの『ブルートレインあけぼの』の営業も12月3日宿泊までです。

12月4日には冬眠に入ってしまいまた来春までお休み。

機会があればぜひ昭和の香りが漂う小坂鉄道レールパークに遊びにいらしてくださいね。

【リンク】

小坂鉄道レールパーク公式ホームページ

【親子鉄おススメ】小坂鉄道レールパーク

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(1) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


小坂・鉄道まつり2016より『24系幕回し』

24系幕回し

小坂・鉄道まつり2016の目玉の一つがブルートレインあけぼので使われている24系(オハネフ24 12)の幕回し。

2回行われたこの幕回しの一部を紹介します(隣りのホーム担当だったので全部は見れていません・・・)

 

順番は前後しますが、『あけぼの』といえば青森の24系の同僚『日本海』。

これははまりますねぇ。

 

24系幕回し

そして末期はなかなか見られなかった『臨時』。

今の583系ではよく見られますが。

 

 

24系幕回し

なぜか特急用車両なのに『急行』の幕。 

これ、笑いますね(^^)/

ちなみに説明は小坂・鉄道まつり実行委員長の吉野さんです。

いつもありがとうございます!

 

24系幕回し

こちらもよくある『団体』。青森車としては天理臨などで使われていた幕ですね。

 

 

24系幕回し

で、これ。

『はやぶさ』。今は東北・北海道新幹線の名称ですが、やはりブルートレインといえば東京発九州行きの『はやぶさ』。

でも14系じゃなかったでしょうかね?

他にも出雲などの幕もあったそうです。

 

24系幕回し

東北寝台と言えば『はくつる』もありましたね。

僕も廃止直前の1997年3月に上野から野辺地まで乗りました(野辺地から南部縦貫鉄道に乗るために)。懐かしいなぁ。

 

こんな懐かしの幕回しも行われた今年の小坂・鉄道まつりでした。

まだまだ続きます。

 

【リンク】

【親子鉄おススメ】小坂鉄道レールパーク

 

小坂鉄道レールパーク公式ホームページ

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


小坂・鉄道まつり2016よりキハ2100

DD130

昨日までの豪雨が嘘のように朝から晴れた小坂町。

小坂・鉄道まつり2016は好天の中スタートしました。が、さすがに小坂町。9時に始まっても来園者が増えてきたのは10時過ぎ。

やっぱり距離のハンディは否めません。

 

DD130

今年の目玉からいくつかご紹介。

まずは小坂鉄道と言えばこのディーゼル機関車。DD130にヘッドマークがついて運転体験に使用されました。

『あけぼの』と『日本海』。機関車がEF81なら、もうまさに!でしたね。

 

 

キハ2100

もう一つの目玉はこちら。小坂鉄道のディーゼルカー、キハ2100(2101)の機関庫内への移動展示。

機関庫の一番奥での展示でしたが、これまで数年間野ざらしだったため塗装ははげおちこの状態。

 

 

キハ2100

真正面からみとところどころかつての色、朱色が見えますね。

キハ2100

こちらは旅客営業終了前の大館駅での一枚。

小坂鉄道に乗ったことはないのですが、唯一現役時代の写真がこちら。

国鉄大館駅から撮ったものだと思います。

 

一度乗っておけばよかった(キハ2100には弘南鉄道に移籍した後に乗ったことがあります)

 

 

キハ2100

この色あせたディーゼルカーを何とか復活させたいと動いているのが小坂鉄道保存会。

いつか動態保存ではなくとも動ける状態にしたいものです。

 

 

キハ2100

ここまで外板が酷くても多分見た目は何とか修理できるでしょう。

動きさえすればあとはディーゼル機関車でけん引してもよいと思うのでまずは復活させたいですね。

 

 

あけぼの

夕焼けとブルートレインあけぼの。

明日は小坂・鉄道まつり2016の2日目。天気は良好なようです。

明日もぜひ遊びにいらしてくださいね。

 

 

【リンク】

【親子鉄おススメ】小坂鉄道レールパーク

 

小坂鉄道レールパーク公式ホームページ

 

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


10月9日〜10日は小坂・鉄道まつり2016へ

DD30機関車

10月9日〜10日までの2日間『小坂・鉄道まつり2016』が小坂鉄道レールパークにて行われます。

今年のイベント内容を軽くご紹介!

 

するので天気がよければ是非遊びにいらしてくださいね。

 

まずは目玉のDD13形ディーゼル機関車。今回はヘッドマーク付きの展示とともに体験運転も実施するようです!

ディーゼル機関車の運転体験は日本でもここだけですよ。

 

 

キハ2100

そしてJRからは引退した特急あけぼの。の24系オハネフを開放します。

飲食ができる休憩所として中に入ることができ、また幕回しもやるそうですよ。どんな幕が出てくるか楽しみですよね。

 

 

観光トロッコ

お馴染み観光トロッコもいつものコースを変えて運転。

駅構内の端から端まで全部見ることができる長距離コースとなりました!こちらは入園料とは別に有料チケットが必要です。

 

 

除雪車

こちらも年に一度の展示。ラッセル車。

弘南鉄道ではまだ現役で使われている木造の除雪車。小坂鉄道レールパークのもまだまだ現役ですよ。

実際に動くところも見られるようです。

 

 

キハ2100

そしてそして!

小坂鉄道といえばこのディーゼルカー、キハ2100。

普段は駅から見えないところに置かれているのですが、今回は機関車庫内にて特別展示されます!

機関庫の見学ツアーもありますのでそばでじっくりと見てください。

 

 

プラレール遊び

僕の担当はいつもの『プラレール遊び』。

今回は車両も増えました!レールも増えました!そして遊べる場所も広くなりました!

 

プラレール遊びだけじゃなく、制服と制帽を被っての記念撮影コーナー、鉄道雑誌『鉄おも』の見本誌プレゼント(先着70名様)、絵本の読み聞かせコーナーなどもやりますよ。親子で楽しんでいってくださいね。

 

 

プラレール遊び

この日のためにプラレール車両も再整備しました!

車両は古いけど走りますよ(一部故障中のもありますが)

 

プラレール遊び

みんなで仲良く遊んでくださいね。

 

【リンク】

小坂・鉄道まつり2016のページはこちら(公式ホームページ)

 

 

【親子鉄】小坂鉄道レールパーク : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム