『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
【親子鉄おススメ】恐らく最後の583系わくわくドリーム号乗車記

青森から秋田経由で舞浜へ直行する便利な団体専用列車、それが583系を使用した「わくわくドリーム号」。
どうやらこの2016年をもって583系での運転が終了するようです、その前にと思い11月18日出発分に最後の?わくわくドリーム号に乗車して昨年同様父子3人でディズニーランドへ遊びに行ってきました。

 行程・ワンポイント

昨年の冬に6両中2両の全般検査を通した583系、まだしばらく活躍してくれるかと思いきや、やはり老朽化はかなり進んでいるようで引退の噂が近く今年も急きょ行くことにしました。
やはり旅行の行程は秋田からディズニーリゾートへ行くことを想定してるので、秋田県のお客様は非常に便利な時間帯に移動となります。
金曜日の夜に出発し、土曜日の朝に舞浜到着、丸1日ゆっくり遊んで土曜日の夜に舞浜を出発、翌日曜日の午前中に戻ってくる行程となります(ちなみに青森駅に着くのは昼近くだそうです)
わくわくドリーム号
秋田駅を出発する583系わくわくドリーム号と記念撮影。
秋田駅には20時21分について38分に出発。その間十分に記念撮影ができますね。
昨年と若干時間がずれていますね。ここで運転士さんも交代。

わくわくドリーム号
初の3人自撮りにも挑戦!でもブレブレで難しい・・・。11月なので寒いし、しかも天気予報は雨だったのであまりテンションは上がらなかったものの、たまたま隣に乗車した親子も同じ学年で、同じ3DSゲームを持っていたので車中でも楽しく過ごすことができました。あ、名前聞くのを忘れた・・・。

わくわくドリーム号
秋田駅出発前です。やはり引退の噂を聞きつけてか写真を撮りに来るテツの方も多かった。僕もその一人ですが・・・。
また車中ではこのブログを読んで乗車したという方もいて本当に嬉しく思いました。

わくわくドリーム号
秋田で行先「舞浜」とみられるのは新鮮です。
秋田からは羽越本線経由、上越線経由、大宮から武蔵野線経由、西船橋から京葉線に入り舞浜まで向かいます。団体臨時列車だけあって結構あちこちで停車しますね。これは通常のダイヤを縫って走るので仕方がないのでしょう。

ディズニーランド

翌朝7時過ぎに舞浜に到着。説明を受けてからサンルートホテル東京へバスで移動し、朝食。
昨年は人が多くてホテルでの朝食をあきらめましたが、今年は雨だったこともありゆっくりと朝ご飯を食べてゆっくりとパークへ出発。
(実は我が家、今年の1月にも家族で両パークに来たので慣れた感じもあり、焦らずに動くことができましたね)

サンルートホテル東京

ちなみに今回は乗車する前、秋田駅の構内で下記のものが配られました。

◆人数分のパークチケット
◆ホテルサンルート東京での朝食券
◆ディズニーリゾートのパンフレット(パークガイド)
◆わくわくドリーム号のワッペン

ワッペンは団体旅行者であることがわかるように目立つところに貼るということでした。

昨年は9月の乗車だったのでパークはハロウィンでしたが、今年はクリスマスファンタジー。
どこもかしこもクリスマスバージョン。僕自身はクリスマスファンタジーはもう何度も来ているのですが子どもたちは初めてだったので楽しかったようです。

ディズニーランド
その割にランチはクリスマスとはまったく関係ないテラスにて(笑)
今の主なレストランは予約制なので事前予約しないとなかなかお昼ごはんも夜ごはんも食べられないんですよね。
そこは今後注意しないと。

ディズニーランド

こんな僕でも初めてだったのがホーンテッドマンションのクリスマスバージョン。
サンタクロースならぬサンディークローズが皆さんを亡霊たちの世界へと連れてゆきます。

 

ディズニーランド
パーク内は赤と緑に彩られて完全にクリスマスでしたね。ツリーもありましたが写真は撮れず・・・。
やはりデジカメをもってゆけばよかった。

ディズニーランド
閉めはミートミッキーで記念撮影。
昨年もそうでしたが21時過ぎに行くと待ち時間30分くらいでいけるので案外狙い目かも?

こうして長い長い1日が終わりパークを後にしました。

 遊ぶところ・みどころ紹介

 かかった金額

この親子鉄旅でかかった費用内訳は次の通りです。

  • パック代金:大人30,200円、中学生〜高校生29,200円、4歳以上小学生20,600円、添寝幼児料金6,300円
    往復の旅行費用と1日パスポート代金が含まれています。今回は大人、小学生、幼児だったので57,100円
  • 車内で食べるお菓子、翌日の朝食、飲み物で約2,000円
  • パーク内での飲食(昼食、夕食)やお土産などで15,000円

 列車ガイド(583系の車内ガイド)

それでは気になる車内のガイドです。
一部ファンの間では片側が寝台で片側が座席になっているという噂がありましたが、今回乗車した際は全て寝台がセットされていました。

わくわくドリーム号

本当は一番乗りたかったのがこの通称『パン下』の中段。
でもここは乗せなかったようですね。本当は下段よりも上が広い分いいんだけどなぁ。

20150929-3.jpg

下段の中はこんな感じ。
窓側に隙間があるのでここでようやく普通に座れる感じですね。
中段のベッドがあるので通常は座るよりも寝ていないときつい体勢になるかもしれませんね。
とにかく上がないので大人は頭を入れるスペースが窓側しかなくつらい・・・。

わくわくドリーム号
舞浜駅ではたくさんのテツたちがカメラを構えて待っていました。
さすがにみなさん最後だというのを知ってるんですね。

わくわくドリーム号

僕もちょっとだけ上から撮ってみました。
雨だったからか白くならない・・・。往復共に故障もなく順調に走ってくれた583系わくわくドリーム号。
なくなると思うと寂しいですが、これも時代の流れ。これまでたくさんの方のわくわくを運んでくれたんですね。今まで本当にお疲れ様でした。

 

 ディズニーリゾートの地図

 関連記事など

 車両ガイドへのリンク

 

【親子鉄】583系わくわくドリーム号 : comments(7) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


初めて青森駅でみかけた583系わくわくドリーム号

わくわくドリーム号

SL銀河青函DC号の展示会を青森駅内で見ていたら特急つがるの隣に見慣れた青い車体の車両が到着。

展示会の様子はこちらの記事をご覧ください

なんと583系わくわくドリーム号!青森駅に到着したところを見たのは初めて!

SLの撮影に来ていた人たちに一斉にカメラを向けました。

 

 

わくわくドリーム号

さすがにどこにいっても人気の583系(わくわくドリーム号)。

E751系特急つがるとの並びもばっちりです。

出発時間を考えると秋田では並ばない両車両、青森ならではですね。

ちなみに出発前のわくわくドリーム号の秋田車両センターでの様子はこちら

 

わくわくドリーム号

SL銀河青函DC号とも並んで見られたのですが、人が多くてSL側がよくわかりません・・・。

これも隣りだったら記念すべき一枚になったのになぁ・・・。

残念!

 

でも青森でもわくわくドリーム号を見られてうれしかった。

11月に乗るのが楽しみです!

ちなみに秋田駅での情報では一昨日現在で11/4出発分は残り2名、11/18出発は残り3名でした。

他は満員御礼でした。

 

【親子鉄】583系わくわくドリーム号 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


年内残り4回の583系わくわくドリーム号募集開始!

わくわくドリーム号

皆さんよくご存じのTDR専用団体列車583系「わくわくドリーム号」ですが、今年残り4回の運転日がわかり、発売されました。

 

青森(秋田)発が

・10月14日(金)〜戻りが16日(日)

・11月4日(金)〜戻りが6日(日)

・11月18日(金)〜戻りが20日(日)

・12月9日(金)〜戻りが11日(日)

の4回です。

 

 

わくわくドリーム号

こちらは全般検査前の昨年9月26日に乗った時のわくわくドリーム号とうちの子たち。

その時の様子は下記の乗車記をご覧ください。

この時点で最後の運転になると噂をされていた583系秋田車ですが、その後無事に全般検査を通して、今年は関西へ行ったり、横浜から青森へ走ったり、長野からも運転されたりと東日本を中心に大活躍中です。

 

 

わくわくドリーム号

が、検査を通したとはいえすべての車両ではありませんのでいつまで走らせられるかわかりません。

このところの使われ方は異常ですね(本当に休みなく使われているので)。

乗れる時に乗っておくことをおススメします。

 

我が家は11月18日の回を申し込んだので今年最後のディズニーランドに行ってこようと思ってます!

僕はディズニーよりも583系が楽しみですが、子どもたちは逆でしょう(^^;

 

 

【リンク】

【親子鉄おススメ】わくわくドリーム号乗車記

 

 

【親子鉄】583系わくわくドリーム号 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


今年最後の583系わくわくドリーム号
20150929-2.jpg
10月16日から18日にかけて583系わくわくドリーム号が運転されましたね。
現在設定されている中では今年最後になります。
このあと予定では583系が検査に入ると思われるため、例年であればある冬の設定がないのですね。

どのくらい検査に期間がかかるかわかりませんが、しっかり検査を通してまた活躍をしてもらいたいものです。

ちなみに先月9月26日に乗車したわくわくドリーム号の乗車記はこちら。

【親子鉄におススメ】583系わくわくドリーム号
http://blog.diorama-box.net/?eid=770



秋田駅を出発する際に知人に撮ってもらった1枚がこちら。
下段の和くんばかり写っていると思ったら中段に乗っていた悠くんもしっかり写ってました(笑)
中段の窓ってこんなに違うんですね。
583系
 
【親子鉄】583系わくわくドリーム号 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


583系わくわくドリーム号の乗車記(補足など)
先日、583系わくわくドリーム号の乗車記をアップしました。詳しく書いたつもりですが、ちょっと足りない部分もあったので補足しますね。

583系
こちらは舞浜駅に到着したばかりの583系わくわくドリーム号。
号車ごとに下車をし、その後舞浜駅1階まで移動して、バスでホテルサンルートプラザ東京へ向かいます。

何をしに行くかというと朝食をとるため。
残念ながらシャワーなどは浴びられませんが、朝からホテルでの朝食というのはリッチな感じですね。
(でも我が家は少しでも早くパークに入りたかったので、ランドに向かいました)


583系
ちなみに団体旅行が催行になるとこのような案内が送られてきます。
当日はこれを持ち、駅のホーム、というか車内集合となります。
それまで特に連絡がないので不安になるかもしれませんが・・・。

秋田駅の場合は駅のこまち駐車場も利用できますよ。


583系
583系の車内チェック!
折戸というのが懐かしいですよね。
冬場は隙間風と雪が入ってきそうですが・・・。

583系
今回お世話になったのは3号車のモハネ583-106。
台車のほぼうえにある寝台だったので気になる人はねられないかも・・・・。
車内の中間くらいなら静かに寝られるかもしれませんね。
ちなみにうちの子供たちは爆睡でした。

583系
注意したいのは車内販売がないので、夜間の食料は事前に買っておく必要があります。
もちろん舞浜駅は早朝につき、深夜に出るので売店もやっていません。
帰りの分もある程度買っておくことをおススメします。


583系はどうやら検査を通すようなので来年も運転されるかもしれません。
今後わくわくドリーム号に乗りたいと考えている方は参考にしてください。

583系わくわくドリーム号の乗車記をアップしました
【親子鉄】583系わくわくドリーム号 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム