『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
鉄道車両紹介E751系特急つがる

鉄道車両紹介E751系特急つがる

2011年から秋田と青森を結ぶ特急つがるとして運転を始めたのがE751系特急つがる。
2010年の東北新幹線新青森開業にあわせて、青森と秋田、大館を1日5往復結んでいましたが、485系電車の引退とともに大館始発の列車がなくなり、現在は秋田と青森を1日3往復。
そしてE751系も青森配置から秋田車両センターへ転属しました。

E751系は元々、盛岡から青森を結ぶ特急スーパーはつかりとして登場し、その後東北新幹線の延伸とともに走行区間が変わってきました。
(東北新幹線が八戸開業とともに特急つがるとして八戸と弘前を結ぶ特急に変更)
基本4両編成で、半室グリーン車、指定席、自由席車両があります。

E751系特急つがるこまち
秋田駅で出発を待つ特急つがる。E751系特急つがる。



こちらはE751系特急つがるの座席(普通車指定席も自由席も同様)。
E751系特急つがるこまち

秋田と青森を1日3往復にも関わらず満席になる事がほとんどなく、残念ながら空席が目立つ列車です。
元々秋田と青森で交流人口が少ないからなのでしょうね。

E751系特急つがるこまち

 

こちらは16席しかありませんがグリーン車の座席。さすがに座り心地は最高です。
ただ
1両の半分だけなので比較的早く埋まることが多い席です。予約するならお早めに。
特急つがるグリーン車

室内のライトも落ち着いた感じで普通車とはまた雰囲気が違いますね。静かな旅行を楽しむならグリーン車がいいかもしれません。
特急つがるグリーン車

秋田から青森まで何度も乗車している特急つがるですが、残念ながらこれといった有名な景色があるわけでもなく、また車内販売もないので買い物等は事前に済ませておいてくださいね。
比較的長距離ですし、途中長時間停車することもありませんので。

E751系特急つがるの詳細はJR東日本の車両紹介ページをご覧ください。

秋田地区を走る・走った車両紹介 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

鉄道車両紹介485系特急つがる

鉄道車両紹介485系特急つがる

2010年12月の東北新幹線青森開業時から秋田と青森を結ぶ特急つがるとして運転を始めたのが485系特急つがる。

それまでの特急かもしかに変わり青森車両センターの485系リニューアル編成(3000番台)4両で運転されることとなります。しかし2011年春以降はE751系が主に走り、485系は2016年春のダイヤ改正をもって引退、その後廃車となりました。

485系特急つがるこまち
東能代駅に入線する485系特急つがる。




485系特急つがるこまち

秋田駅に到着する485系特急つがる。


 

485系特急つがるこまち

485系特急つがるの普通車座席。この他に半室グリーン車もあります。


485系




485系

 

特急つがるの詳細はJR東日本の車両紹介ページをご覧ください。

秋田地区を走る・走った車両紹介 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

鉄道車両紹介E653系特急いなほ

鉄道車両紹介E653系特急いなほ

1969年より羽越本線経由で秋田と上野を結んだのが特急いなほ。2013年までは485系電車にて運転されていましたが、2013年9月よりE653系リニューアル編成が投入されました。
2014年度中に特急いなほは全てE653系リニューアル編成(1000番台)へと変わりました。

E653系特急いなほ
酒田駅に進入するE653系特急いなほ。元々は常磐線の特急フレッシュひたちとして活躍していました。

 

E653系特急いなほ
E653系リニューアル編成の普通車。日本海の青をイメージした座席です。

 

E653系特急いなほ
E653系リニューアル編成の普通車。日本海の青をイメージした座席です。

 

E653系特急いなほ
小砂川付近を走行するE653系。指定席A席側は日本海が見え、列車によっては日本海に沈む夕陽も見ることができます。

 

E653系特急いなほ
リニューアル編成のグリーン車。1両で18席ととても広い超豪華なグリーン車です。
どれだけ豪華かというとこちら。山側は1人掛けのシートでゆっくり!

 

E653系特急いなほ
そして海側は2人掛け。どちらもシートピッチが広く快適、また仕切りがあるので声なども気になりません。
とにかく広くて豪華なグリーン車。

 

E653系特急いなほ
グリーン車の入口付近にはこのような展望スペースがあり、長時間の乗車でも座りっぱなしでなく、展望スペースで車窓を楽しむことができます。
特に新潟から秋田だと4時間ほどかかるのでこのスペースを活用して長旅を満喫してください。

 

E653系特急いなほ
晴れたらこのような夕景が見られます。日本海に沈む夕日を見ながらの列車旅、格別ですね。

 

E653系特急いなほ

【リンク】

詳しくはJR東日本の特急いなほのページをご覧ください。

秋田地区を走る・走った車両紹介 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

鉄道車両紹介485系特急いなほ

鉄道車両紹介485系特急いなほ

1969年より羽越本線経由で秋田と上野を結んだのが特急いなほ。スタート当時はディーゼルカーでの運転でしたが、1972年より電車が投入、その頃より485系特急電車で運転をされていました。1982年に上越新幹線が新潟まで開業すると、運転区間は新潟から青森までとなり、2010年には現在の新潟〜秋田を結ぶ特急となりました。

使われていた485系電車は老朽化に伴い、2014年度中にE653系リニューアル編成に置きかえられました。

485系特急いなほ
新潟駅にて出発を待つ485系特急いなほ。T編成。新潟色、上沼垂色とも呼ばれる専用カラーです。

 


485系特急いなほ
485系特急いなほT18編成。こちらは北海道から転属してきた1500番台。
人気のあったT18編成もこの先頭車両1508を除き廃車、この車両は新津の鉄道資料館に展示されることとなりました。

 

485系特急いなほ
485系リニューアル編成の3000番台。R編成とも呼ばれています。
R編成も活躍の場が少なくなり、半数以上が廃車となりました。
※2017年春のダイヤ改正で定期列車がなくなり近く全車廃車となるでしょう。

 

485系特急いなほ
485系特急いなほのグリーン車内。グリーン車は1両の半分のみとなっています。

 

485系特急いなほ
こちらは普通車の座席。全車座席はリニューアル済みで乗り心地もよいシートとなっています。

 

 

485系特急いなほ
こちらは485系T編成の運転台。
2013年の秋田総合車掌センター公開時のものです。

 

秋田地区を走る・走った車両紹介 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

鉄道車両紹介24系寝台特急あけぼの

鉄道車両紹介24系寝台特急あけぼの

今ではいわゆるブルートレインという純粋な寝台特急としては「北斗星」と「あけぼの」が最後となり、その北斗星も2015年8月を最後に運転を終了しました。

 

青森と上野を羽越線経由で結んでいる寝台特急あけぼの。山形新幹線や秋田新幹線開通前は奥羽線経由で運転されていました。

秋田地区から首都圏への移動に便利ということで比較的高い乗車率を誇っていました。
2014年3月のダイヤ改正で臨時列車に(編成はB個室1両、B寝台5両の6両編成)。最後はB寝台のみの6両編成でした。

24系寝台特急あけぼのこまち
上野駅で出発を待つ24系寝台特急あけぼの寝台特急あけぼの。上野から長岡まではEF64機関車が牽引します。(羽越本線経由になってから上野駅までEF81で運転された時期もありました)

 

24系寝台特急あけぼのこまち
24系寝台特急あけぼのの最後部。上野駅ではこの車両の前で記念撮影をする観光客がたくさんいました。

 

24系寝台特急あけぼのこまち
A個室シングルデラックスの通路。臨時化後は連結されませんでした。

 

24系寝台特急あけぼのこまち
A個室寝台シングルデラックスの室内。補助ベッドを使えば2名での利用も可能です。また2室を繋げて利用することもできるようです。

 

24系寝台特急あけぼのこまち
B個室寝台ソロの上段の車窓。シャッタースピードを遅くして流してみました。赤羽付近にて。
綺麗ですよね。

あけぼの
2014年-2015年の年末年始運転を最後に廃止。写真は2014年12月31日のもの。

 

ブルートレインあけぼの
なお一部車両は秋田県小坂町にある小坂鉄道レールパークに移設され「ブルートレインあけぼの」として宿泊施設に利用されています(写真上)
ブルートレインあけぼの宿泊体験(小坂町)(2016年)
【親子鉄おススメ】小坂鉄道レールパーク

 

2014年1月14日、秋田駅に進入する寝台特急あけぼのの様子

 

【リンク】

小坂鉄道レールパーク

秋田地区を走る・走った車両紹介 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム