『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
8月19日土崎工場一般公開!あきた鉄道フェアin土崎のお知らせ

ED75

例年ですと10月の鉄道の日前後に一般公開されることの多い秋田総合車両センター(土崎工場)ですが、今年は8月19日土曜日に公開されるようです。秋田では夏休み最後の週末ですね。暑くなりそう・・・。

今年の展示車両は、ED75-777(写真はELあきた号のもの)やDD51-888だそうです。

秋田総合車両センター

他はほぼほぼ毎年同じなのですが、今年はJR秋田支社の吹奏楽部演奏があります!

これは土崎では初めてでしょう。暑い中屋外の演奏家と思われるので吹く方は大変ですね(^^;

(自分もトロンボーンを吹いてるので気持ちはよくわかります)

あとこちらも初めてだと思われるのは消防や警察、自衛隊車両も展示されるとのこと。

JR以外との協力は意外でした。鉄道だけじゃなくいろんな乗り物が見られるということで子どもたちも喜ぶでしょうね。

DD51

こちらの写真はDD51-888ではありませんが、もうほとんど見られなくなったDD51が目の前で見られるのはファンとしても嬉しい。動かしてくれればもっていいんですけどね。

個人的にはまだ留置されている583系も展示してほしかったのですが、公式には書かれていませんので当日サプライズがあるかどうか。楽しみにしたいところです。

秋田駅からの臨時列車も運転されるので今年はさらに便利になるかもしれませんね。

(臨時列車が出るのも初めてかも??)

ってことは駐車場が使えない(駐車場で警察、消防、自衛隊車両の展示やケータリングカーをやるのかな?)のかもしれませんね、あくまでも予測ですが。

【親子鉄】車両センター一般公開 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


旧南部縦貫鉄道のレールバスとあそぼう(10年前の)

南部縦貫鉄道

みなさんは青森県の野辺地から七戸まで走っていた南部縦貫鉄道を覚えていますでしょうか?

廃止(休止)になったのは確か20年前の1997年だったかと思います(大学4年の終わりころ、休止直前に乗りに行ったことがあるので)。

正式な廃止は2002年。南部縦貫鉄道では写真のようなレールバスが走っていたのです。

 

 

南部縦貫鉄道

その休止から10年後の2007年のことですが、GWに七戸駅が公開されるということで家族で遊びに行ったことを思い出しました。

写真を探したらあったあった!実はその後ほぼ毎年GWにはレールバスに乗れる一般公開がされているんですね。

駅舎も車両も当時のまま。

 

 

南部縦貫鉄道

僕がボランティア活動をしてる小坂鉄道保存会と同じような保存会があって動態保存をして、今でも当時のまま残し続けているんですね。これって凄いことだと思うんです。

全国にはこういう廃線になった鉄道を観光資源として活用してるところがたくさんあります。

みんな細々とですが、いつまでも残し続けようというその気持ち、その地域の活性化に役立ちたいというボランティア精神。

 

 

南部縦貫鉄道

これを見てどう思いますか?

列車というよりもバスですよね!そうなんです。南部縦貫鉄道の車両はまさにバス。

確か富士重工製。クラッチがあり、マニュアルで切り替えていくんです。この時は体験乗車はできなかったと思いますが今のイベントでは実際に乗って走ってくれるそうですよ!

 

 

南部縦貫鉄道

このような地道なボランティア活動を是非みなさんも支えてほしい、たまにでもいいので観光を兼ねて遊びに行ってほしいなと思います。もちろん小坂鉄道レールパークにもいらしてくださいね!

明日5月14日は朝からプラレール遊びもやる予定です(天候次第では中止になるかもしれませんが)。

 

いつまでもいつまでも廃線となった鉄道が生き続けるように僕も頑張りたいと思います。

来年のGWは七戸に遊びに行きたいな!

 

【リンク】

思いでのレールバスホームページ

 

【親子鉄】車両センター一般公開 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


秋田車両センター「鉄道ふれあいフェスタ2016」に行ってきました

583系

10月22日秋田車両センターの一般公開『鉄道ふれあいフェスタ2016』が開かれたので朝一でいってきました!

ここ数年内容に変化のない秋田車両センターの一般公開。今年はどうでしょう?

 

恐らく今回のメインはこちら、秋田車両センター所属の583系N1・N2編成の展示。

6両で展示されたのは多分初めて。でも大変残念ながら車内見学ができませんでした・・・。

 

583系

昭和45年製造なのでもう46歳。僕より3つより年上です。

やはりそろそろなのかなぁ・・・。引退が噂されていますが使い勝手の良い寝台電車ですからまだ頑張ってほしいなぁ。

 

 

583系

昨年末に全般検査を通したのはモハユニットの2両、残る4両は2011年に秋田に移る前に全般検査をしています。

つまり今年は5年目。検査期間もギリギリなんでしょうかね(途中休みもあるので距離は走ってないのですが)

 

 

ミニ新幹線

さてさてところ変わって子どもたちが喜びそうな箇所の一つがこちら。

以前秋田総合車両センターの一般公開でも走ったE7系ミニ新幹線。

でも並ばずに乗ることができました。いまいち人気がないのかな?というか秋田では馴染みがないですからね。

E6系だったらもっと乗っただろうに。

 

 

ミニSL

そして隣で並走していたミニSL。秋田車両センターではC57を保有しています。

こちらの方がやや人気が高かったかな。

でも秋田総合車両センターのミニSLの方が並ぶ(その時の記事はこちら)し、距離も走るし乗っていて楽しいんですよ。

ここは短距離の往復だけなので正直面白くない。だから子どもたちも一度乗れば翌年から乗らなくなります。

もう一工夫ほしいところですね。

 

 

ED75

展示の仕方はただ並んだだけですが、恐らく大人にとってのメインはこちら。

ED75ですが、例年と違い今年はヘッドマークがついてました!

まずは「鳥海」。懐かしい。でもED75って鳥海を引っ張ってました??

 

ED75

これは奥羽本線時代を思い出させるとても懐かしい『あけぼの』。

最近はEF81しか引いていませんでしたが僕が小学〜中学生の頃はこれでした。

しっくりきますね。

 

 

EF81

一方青森から今年転属してきたEF81には『北斗星』。

秋田では知られていませんがこれもEF81にはあいますね。これが田端のEF81ならなおよかった。

 

 

EF81

その反対側は『日本海』。

日本海もEF81ではありますが、敦賀の機関車が青森まで走っていたので赤色というよりはローズピンクが似合う。

なのでなんか違和感を感じましたね。JR東日本のEF81で日本海というのも貴重なのかもしれませんが。

 

 

DE10

手前のDE10ではエンジン始動のデモンストレーションをしてくれました。

ディーゼルの音はいいですね。小坂鉄道でもいつも聞いてますが、DE10はまた違う音でいい。

僕は音鉄ではありませんが(^^;

 

 

E3系

今年はちょっとちがうところで記念撮影を。

まずは元秋田新幹線こまちのE3系R1編成の鼻の前で1枚。

せめて先頭車両ごと保存してほしかったですね。

 

 

E6系

こちらはR6系の普通車。運転席の見学のために並んだのですが、前に乗ったことがあるので今回はパスするそうで・・・。

小学生にもなれば同じ内容では通用しないんですね・・・。

困ったなぁ、来年からどうしよう(^^;

 

 

 

リゾートしらかみブナ編成

ちなみに元リゾートしらかみブナ編成のキハ48は今回展示はされていませんでした。

でも秋田車両センターにいるということはそのうち何かに使われるのかも?

 

当面は現行車両の代車に入るという話なので「くまげら」編成の代わりとかになるのかもしれません。

ただこの車両、ボックスシート車が2両ありましたね。簡単に代車とはいかないのかな?

 

 

以上簡単ですが今年の秋田車両センターの一般公開『鉄道ふれあいフェスタ2016』の報告でした。

【親子鉄】車両センター一般公開 : comments(2) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


10月22日は秋田車両センターの一般公開日!

一般公開日

 

今年の秋田車両センター一般公開日は10月22日(土)で決定しました!

ポスターがこちら。

今年の目玉はなにでしょうかねぇ。青森から移ってきたEF81なんかが目玉になるかもしれません。

 

あとはミニSL(秋田車両センターはC57)の他に、E7系のミニ列車も運行されるようです。

あれ?去年秋田総合車両センターでも運転してなかったっけ?

 

E7系

多分これです。

 

他に可能性があるのは、先日引退したキハ48が秋田総合車両センターの一般公開でも休憩車両になっていましたが、今回も登場するかも。今のところ、これという目玉はなさそうですね。

でもせっかくなので楽しんできたいと思います!

 

【親子鉄】車両センター一般公開 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム


【親子鉄】秋田総合車両センターフェア2016(その2)

ミニSL

さて20日に行われた秋田総合車両センターの一般公開第2弾です。

今回はこれという目玉もなかったので、久しぶりにミニSLに2回も乗ってしまいました!

ここのコースは結構長いうえに、直線では飛ばすし、踏切もポイントもあってなかなか本格的な走りを楽しめるんですよ。

 

ミニSL

ただここ数年ボイラーの調子が悪いようでなかなか蒸気圧が上がりません。

たまに調整時間が必要になったり、運転自体が中止されたりもします。

このミニSL(といっても実物の1/5なので大きい方)もいつまでも頑張ってほしいなぁ。

 

 

ミニSL

友だちが来ていたので撮ってもらいました!

ちょうど先頭車両に乗っていたのでこんな感じに。

 

 

オハニ36

つづいてトラバーサー移動をする高崎車両センターのオハニ36-11。

昨年も旧型客車のトラバーサー移動はありましたが、今年は距離が長くなりました!

しかもオハニ!

 

 

オハニ36

ご覧の通り全検明けなので車内もピカピカ。

とってもきれいな状態の旧型客車に乗ることができました。

 

 

オハニ36

扇風機も回っていないので暑いのは仕方ないですが・・・。

この雰囲気がたまりません。

 

オハニ36

シートも張り替えたのでしょうかね?

 

 

オハニ36

台車自体がリモコンで動くんですね。

ちなみにトラバーサー移動は全部で2か所、なかなか楽しいプチ旅行でした。

 

 

EF81

最後におまけを。

展示されていたわけではなく入場していたのかもしれません。

秋田車両センター所属のEF81-136。数年前はこれにあけぼののヘッドマークをつけて運転台に入れたんですけどね。

 

 

DD51

こちらも展示のみの高崎車両センター所属、DD51-897。

ピカピカです。今回は何の検査だったのでしょうかね?

秋田でDD51を見られるのも高崎の数両のみ。貴重な1枚でした。

 

 

Nゲージ

いつもならHOゲージのジオラマ運転があったのですが、今年は鉄道模型はNゲージの運転のみ。

秋田地区の車両が主なので都会の人には興味がないかも?

ここにある車両は僕はほぼ持ってます(^^;

 

 

Nゲージ

はやぶさとこまちの離合。

はやぶさも10両だったら迫力あるのになあ。

 

 

以上が秋田総合車両センターフェア2016レポでした。

 

【親子鉄】車両センター一般公開 : comments(1) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :


鉄道コム