『父子でお出かけや旅をしよう!』
秋田市在住の親子鉄マスター。パパサークル代表。父子・親子で楽しめる鉄道スポット、乗り鉄情報など(主に秋田地区中心)
あきた鉄道フェアin土崎のレポ第2弾

秋田総合車両センター

先日8月17日に行われた秋田総合車両センターのあきた鉄道フェアin土崎。前回は展示車両を中心に紹介しましたので今回はその他をまとめて。まずは数年前に津軽線で車との衝突事故を起こした701系(何編成でしたっけ?)のクハが見えました。遠くでしたが。なかなか痛々しいですね。サハ209と一緒に置かれているので近々解体だと思われます。

 

秋田総合車両センター

そして公開はされていませんでしたが武蔵野線?への転用工事が終わったと思われる209系500番台でしょうか。一部だけ見ることができました。その後試運転をしたようなのでそろそろ出場でしょうか?E257系もちらっとだけですが見えました。

 

 

秋田総合車両センター

そして毎年長蛇の列になる部品の即売会。今年は209系のものが多かったようですね。方向幕はどの車両のものでしょう?数年前は583系の廃品が出てすぐになくなったと聞きます。

 

 

秋田総合車両センター

秋田ではなかなか見られないヘッドマークたち。

九州ブルトレに急行銀河(東海道ブルトレ)、いいですね。この後展示されていたDD51やEF60のヘッドマークとして交換展示されたようです。それも見たかったなぁ。

 

秋田総合車両センター

最後にここ数年は鉄道車両だけではなく子どもたちに大人気の働く車たちも端っこの方で展示されています。この日は警察、消防、そして自衛隊も出動。手前には工事車両もありましたよ。だんだん家族向けのイベント内容になっているのが個人的にはとてもうれしく思います。小さいころから鉄道に触れて楽しんでマナーのある大人に育っていってほしいな、大きくなっても節度ある行動のとれる大人になってもらいたいと切に願いますね。

 

 

【親子鉄】車両センター一般公開 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

湯沢発カシオペア紀行がいた今朝の秋田車両センター

秋田車両センター

昨日までの猛暑がどこに行ったのか、昨夜から雨が降っている秋田市。今朝も相変わらず振り続けています。そんな秋田車両センターには本日湯沢を出発予定のカシオペア紀行が待機中でした!秋田に泊まるなんて珍しい。

西馬音内盆踊りをご覧になる方々の帰りの便?なのでしょうかね、以前当ブログでも紹介しましたが結局乗ることはできませんでした。

 

秋田車両センター

この角度だとEF81しか映らない・・・・。秋田側に機関車がついているということはこのままの形でDE10にでも牽引されて湯沢まで回送されるのでしょうか?それともED75がけん引するのかな?いずれ気になるところです。

雨の中ですがみなさん撮影に出かけることでしょう。風邪をひかないようにしてくださいね、なにせ昨日より10度も気温が下がってますので。

 

 

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

あきた鉄道フェア in 土崎2019 開催Vol.1【速報版】

秋田総合車両センター

本日8月17日に秋田総合車両センター一般公開「あきた鉄道フェアin土崎」が開催されています。ちょうど子供を塾に送ってきたので、その足で秋田駅から電車で行ってみました(いつもなら子供もいますし、自宅から近いので自転車か車なのですが子どもの塾が秋田駅近くなので)。

今回は展示されていた車両を中心に紹介します。まずはいろいろと場所が動いていたEF60-19。なんと「あさかぜ」のヘッドマークをつけて展示されていました。これは予告にもなかったので嬉しいですね。ただこのEF60も廃車かもしれないので見られるのは最期でしょうか・・・。

 

 

秋田総合車両センター

もう1両いました、予告にないものが。高崎から廃車回送されてきたDD51-897です。北斗星のヘッドマーク付き。これもなかなか粋な計らいですね。運転席に乗って警笛を鳴らすこともできるようでたくさんの親子連れが並んでいましたよ。

綺麗な姿ですよね、でも廃車なんですよねぇ。

 

 

秋田総合車両センター

こちらは予告にあった通り衣浦臨海鉄道のKE65(旧DE10)ディーゼル機関車。今回は秋田総合車両センターにて修繕ということで初の受注のようですね。説明書きに書かれていましたよ。今後は秋田で検査をするのかな?

 

秋田総合車両センター

なにげなくマニ50も置かれていました。これも高崎から廃車回送されてきたはず。今回も廃車の展示車両が多いですね。最後にこのようにイベントで展示されるというのも悪くはないのかなぁ。

 

 

秋田総合車両センター

定番、地元代表はキハ48あきたクルーズ号です。リゾートしらかみブナ編成時代から休憩室代わりに使われていましたね。夏の暑い時期の開催なのでこのような冷房車がないと見に来てる人も辛いです(^^;

 

 

秋田総合車両センター

最後におまけ。

たまたまかもしれません、長岡のEF81-141がEL整備室で整備作業中でした。

このあとシャッターが閉まったのでほんの一瞬だけですが見ることができましたね。

 

今日の鉄道フェアは15時までです。まだやってますよ〜。

 

 

【親子鉄】車両センター一般公開 : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

リゾートあすなろ使用の青森りんご酒シードル列車が運転(9/7)

リゾートあすなろ

個人的に青森のシードル・りんご酒が大好きだからとっても気になりました。9月7日(土)ですが、八戸から青森までリゾートあすなろ号を使用した特別列車が運転されます。その名も『あおもりシードル・りんご酒号の旅』。青森県内外のりんご酒メーカーのシードルをなんと10種類以上も試飲できるそう!詳しいチラシはこちら。

 

 

シードル列車

たった6,400円ですよ、いいですねぇ。

私の知人のもりやま園さんのシードルも試飲できるようです。しかも最小催行人員1名の企画旅行なんて普通じゃありえません(笑)

 

 

リゾートあすなろ

ちなみにこちらは以前リゾートあすなろ号に乗車した際の1枚。お酒なので親子でという感じではありませんが、気になったので紹介させていただきました。行事がなければ行きたかったなぁ、残念。

 

【リンク】

http://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/news/pdf_1565830824_1.pdf

(JR東日本盛岡支社のプレスリリースより)

鉄道ニュース・写真(北海道・東北) : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム

お盆の繁忙期の今朝の秋田車両センター

秋田車両センター

今年のお盆休みは長い人で10連休。鉄道もそれにあわせてたくさんの臨時列車を走らせていますね。秋田車両センターでもだいぶ車両が出払ってるかな?と思っていたのですがいつもと変わりありませんでした。今朝の特急いなほ8号はハマナス色なんですね。

いなほに乗って旅に出たいなぁと思ったものの帰省客と重なるためほぼほぼ満席・・・。このお盆中は乗れませんね。

 

 

秋田車両センター

そしてクルーズ船専用列車のあきたクルーズ号。せっかくなのでこの車両も臨時列車で走らせればいいのに。

だまって待機してるのがもったいないですね。男鹿線あたりへリゾート列車として走らせれば観光客も喜ぶでしょうに。そもそも臨時列車等で乗務員が不足しているのかもしれませんが。

 

秋田車両センター

端っこには特急つがるとなぜかディーゼル機関車DE10の姿が。

特急つがるはこの繁忙期でも比較的空いてるんですよね。それだけ秋田と青森での人の行き来はないんだろうなぁ。明日乗ってみようかなぁ。でもどこに行こう(^^;

 

 

秋田車両センター : comments(0) : - : 親子鉄マスター(父子旅):本田正博 :

鉄道コム